「Thinkstock」より

写真拡大

 元国税局職員で現在お笑い芸人の「さんきゅう倉田」です。好きな女性のタイプは、「ちゃんと領収証をもらうコ」です。

 むかし、まだ消費税が5%だったころ、税務調査に行った際の出来事を紹介します。調査先に選定した会社は、米の卸業を行っている会社です。どんなところに卸しているかというと、みなさんが絶対に知っているような、街中にたくさんある弁当店に卸していました。今でも、そこのお弁当を食べるたびに、卸していた会社の社長の顔を思い出します。

 いつものように、準備調査をしてから税務調査に行きました。お米をたくさん卸しているらしく、売上はかなり大きいです。ぼくのような若造がこんな大きな会社と戦えるのでしょうか。

 午前10時に相手の会社に臨場し、会議室に通してもらいます。すでに帳簿書類が5年分机に並べられていました。会議室の調度品は、豪奢ではないが安物でもなく、揃えた人のセンスや教養を感じさせます。こういう会社は、帳簿のつけ方も丁寧。ぼくは、今回の税務調査で、不備や不正を見つけるのは難しいのではないかと感じました。

 この日、調査に立ち会うのは、社長、経理担当者、税理士、税理士事務所の事務員の4名。4対1の戦いです。かなり不利なように思えます。通常の調査なら、社長との一騎打ち、あるいは社長&税理士コンビとの戦いです。しかし、今回は4対1。

 なぜ、4人もいるかというと、それぞれ役割というか、持っている情報が異なるからです。

 税理士事務所の事務員は、経理担当者との連絡・調整やデータのやりとり、確定申告書の作成を行っていると思われます。税理士資格を保有していないので、確定申告書の作成は税理士法違反です。税務調査の立会いもできないはずですが、税務の現場では往々にしてあることです。誰も何も言いません。実情を知っている事務員さんがいないと調査が滞るからです。

 税理士は、「ちゃんと税理士が確定申告書を作成していますよ」「税務調査にも立ち会っていますよ」という“ポーズ”のためにいます。また、人数が多いほうが調査担当者を圧倒できるので、その点でも同席する意味があります。

 経理担当者は、この会社の経理のすべてを知っています。つまり、会社内のカネ、モノ、ヒトの流れを社長と同じかそれ以上に認識しています。決定権はありませんが、情報をたくさん持っていて、不明点・疑問点があれば随時、経理担当者に確認します。

 社長は、もちろん代表取締役で、すべての決定権があります。修正申告に応じるも応じないも社長次第。税務調査中の飲み物も社長次第。怒らせて良いことはありません。丁重に扱います。といっても、これだけの規模で、歴史ある会社だと社長は高齢な場合が多いです。税務のことなど「我関せず」といった具合で、知らず知らずのうちに税法に抵触することもあるでしょう。だからといって責めません。優しく修正申告を促します。

●計上漏れが発覚

 このようなメンツで、テーブルを囲みます。

 結果からいうと、この調査では2つの否認事項がありました。福利厚生費の否認と棚卸資産の計上漏れです。

 同社は、帳簿上、毎月3〜7万円の福利厚生費を社長に現金で渡していました。確認したところ、使途は不明で受け取ったか受け取っていないかも曖昧な状況。月平均5万円で、1年で60万円。5年分で300万円を否認できます。社長に渡しているこのお金がなぜ経費にできないかというと、役員給与の損金不算入など諸々理由があるのですが、複雑なので詳細は割愛します。つまり、給与として扱うこともできませんし、領収証もないので経費にできません。社長に対する認定賞与として課税することになります。ちなみに、認定賞与という言葉は、今後の連載でも出てきます。ぼくの好きな税務用語のひとつです。

 棚卸資産の計上漏れは、決算期末に在庫として残っているはずのお米の量を数えて資産として計上すべきところを怠っていたという内容でした。簡単に説明すると、この会社は、お米をどこかから仕入れて、弁当店に販売しています。仕入れ代金は経費になり、販売した分は売上になります。売上から経費を引いたものが利益で、利益が多くなるほど税金も多くなります。逆に、経費がたくさんあるほうが税金は安くなるわけです。決算期末に在庫として残っているお米は、経費にできません。資産として計上しなければいけないのです。しかし、この会社は税金を安く抑える意図で在庫のお米を経費にしていました。今回は、それを否認して追徴したのです。

 否認事項を伝えると、社長も税理士も修正申告に素直に応じ、すぐに納付されました。この会社は、それ以降、誤りのない確定申告をするようになり、とてつもなく繁栄したそうです。
(文=さんきゅう倉田/元国税職員、お笑い芸人)