写真提供:マイナビニュース

写真拡大

7月15日〜8月31日の期間中、大阪・京セラドーム大阪で、世界の気持ち悪い生き物たちを集めた展覧会「キモい展」を開催。山口県周南市にある「周南市徳山動物園」制作協力のもと、30種以上の気持ち悪すぎる生き物たちを展示する。

会場に集められたのは、「何でそんな色なの?」「何でそんな形なの?」「何でそんな動きするの?」など、疑問ばかりが浮かんでくるような形態の生き物ばかり。ウデムシやオオムカデ、サソリ、ゴキブリ、ミルワームなど、とにかく気持ち悪いアニマル(通称“キモアニ”)を、水のキモアニ・陸のキモアニ・蟲のキモアニとジャンルごとに分けて展示する。

また、大量のミルワームを通路の両サイドに展示した「キモいトンネル」、まさかのキモアニマルとの「ふれあいコーナー」など、展示は趣向が凝らされていて見どころ満載。思わず「ウッ」と目をそらしたくなるキモアニも多いことだろう。でも、なぜか惹きつけられる不思議な魅力に満ちており、会場内で歩を進めるたびにキモアニファンになっていく(はず!)。

キモアニファンになった人は、マシュマロやキャンディー、トートバッグなど多彩なグッズも販売されるのでチェックしたい。さすが「キモい展」だけあって、どれも抜かりなくキモい品々がそろっているぞ。

「キモい展」の開催日時は、7月15日〜8月31日の11〜19時(最終入場は閉場30分前まで)。開催場所は、京セラドーム大阪 9Fスカイホール(大阪府大阪市西区千代崎3-2-1)。入場料は、前売700円(当日800円)。