7.9インチディスプレイを搭載したiPad miniが、生産終了となる見通しです。関係者筋からの情報として、米BGRが報じています。

小型・軽量が受けたiPad mini

iPad miniは2012年に最初のモデルが発売され、9.7インチiPadよりも軽量で使いやすいモデルとして人気を集めました。
 
当時はまだ5.5インチディスプレイ搭載のiPhone Plusが存在しなかったこともあり、文字が読みやすい大きさを実現しつつ、携帯もしやすいという点が評価されていたのです。

iPhone PlusとiPad Proの板挟みに

しかし、市場は変動しています。iPhone Plusの登場によって、ある意味中途半端なサイズであるiPad miniの必要性が薄まりました。
 
また9.7インチiPadについても、サイズは9.7インチと同等ながら、画面縁のベゼルを薄くすることで10.5インチディスプレイの搭載を可能にする、新型iPad Proの登場が噂されています。
 
Apple製品に詳しいKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏は先日、10.5インチiPad Proはが6月に開催される世界開発者会議(WWDC)2017で発表される可能性について「70%以上」との予測を明らかにしました。

自社製品同士の市場の奪い合い

先述の情報筋はBGRに対し、Apple製品同士の市場の奪い合いが起きており、iPad miniはカテゴリーからはみ出してしまった、と語ったとのことです。また売上数字もあまり芳しくないという事実も、製造中止の決断につながった模様です。
 
Appleが当面iPad miniの販売を継続するのか、近く販売も中止するのかは現時点では不明です。
 
 
Source:BGR
(lunatic)