Appleは現地時間5月16日、iOS10.3.3、macOS Sierra 10.12.6、watchOS 3.2.3、tvOS 10.2.2の最初のベータ版を、開発者向けにリリースしました。

前日には正式版がリリース

Appleは前日に、iOS10.3.2、macOS Sierra 10.12.5、watchOS 3.2.2、tvOS 10.2.1を、一般ユーザーに向けて公開しています。
 
なおiOS10.3.3ベータ、macOS Sierra 10.12.6ベータについては、パブリックベータテスター向けにもベータ版が公開されます。こちらについては同日でなければ通常数日以内でのリリースとなります。

新機能の追加はWWDCでの発表までお預け

今回の各種OSのベータ版は、いずれもバグ修正、パフォーマンスやセキュリティの向上が中心になっているとみられています。
 
新機能の追加は、6月5日から開催される世界開発者会議(WWDC)2017で発表される見通しの、iOS11を含むメジャーアップデートまで持ち越されると考えてよさそうです。
 
 
Source:iDownloadBlog
(lunatic)