お互いドキドキの初デート。まだまだ相手のことをよく知らないので、手探り状態で会話を進めていく人がほとんどでしょう。でもそこで話が盛り上がらなかったり、興味を持ってもらえないと、先につなげていくことができません。うれし恥ずかしの初デート、じつは恋愛初心者にはハードルが高いものです。
でもその最初の難関を乗り越え、次のデートにつなげるにはどうすればいいのでしょう? 世の中の男性たちの声をリサーチしてみると、いくつかのポイントがあるそうです。そんなポイントをご紹介!

1:緊張せず、会話が“流れる”ように進む

やはり一番大事なのは、会話がスムーズにいくかどうか、ということ。会話がぎこちなかったり、常にハイテンションで話し続けなければならなかったり……というのは、精神的にとても疲れてしまいます。また同じように沈黙が気にならない、重苦しくないというのも大事なポイント。話す波長のようなものが合えば、一緒にいて心地いいはずです。

2:ユーモアセンスがあって笑わせてくれる

男性は好きな女の子には笑ってほしいと、いろいろジョークを言ったり、ネタをいくつか仕込んでいたりしますが、彼女もユーモアがあって笑いを誘ってくれるようだったら、“この子と付き合いたい!”という気持ちも高まるとか。笑いのツボが似ている、って実はとても重要ですよね。

3:デートの時間があっという間に過ぎるように感じられる

退屈だったり、こちらを緊張させる相手とのデートって、妙に時間の進み方が遅いし、疲れる……。それに比べ、とても気の合う相手だったら、デートの時間があっという間に過ぎ去ってしまって、“え、もうこんな時間!?”と思うはず。ひとかたならぬ好意を感じているので、もっともっと一緒にいたいという気持ちが自然と高まるのです。

4:初デートの後、気持ちがほっこりして思わず笑顔になる

初デートの後、“あんなこと言わなければよかった”、“緊張しすぎてカッコ悪いところ見せちゃったな”と反省点やネガティブな感想ばかりが出てくるようだったら、次のデートにつながる可能性は低いと言えるでしょう。でも初デートが心から楽しめたなら、後から考えてもニヤニヤしたり、あたたかい気持ちになって笑顔になったり……となるはずです。そんなうれしい状態が続く相手なら、次のデートを申し込まないはずがありません!

5:“もっと知りたい”という気持ちを素直に見せる

初デートは、お互いのことをもっとよく知り合うための貴重なチャンス。そんなときに友だちの恋バナ、自分とは関係のないゴシップ話、あるいは自分のことばかりを一方的にまくしたてるような女子だったら、きっと彼のなかでは“次はないな”と判定されてしまうでしょう。
せっかくの初デートなのだから、彼がどんな人なのか、どんなことを普段考えているのか、一生懸命に興味を持ってきいてくれる女子のほうが好感度は明らかに高いはずです。もちろん、それもとってつけたような質問では見すかされてしまいます。
心の底から“この人のことをもっと知りたい”と質問したり、話を熱心にきこうとする姿勢が彼の心にも響くのです。