16日、中国黒竜江省で2017人が一斉に田植えをしてギネス記録となったことについて、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

写真拡大

2017年5月16日、中国新聞網によると、黒竜江省で2017人が一斉に田植えをしてギネス記録となった。

5月15日、黒竜江省通河県が、4.2ヘクタールの水田で2017人の農民が同時に田植えをして「一度に最も多くの人が同時に田植えをするギネス記録」に挑戦するイベントを企画。全員が13分23秒で700万株の苗を植えた。

このイベントに参加した最高齢者は98歳、最年少者は13歳だった。ギネス世界記録の公式認定員が確認し、世界記録として認定されたという。

これに対し、中国のネットユーザーからは「ただのパフォーマンス」「よっぽど暇だったんだな」「こんなのに意義があるのか?」「人海戦術による世界記録はあまり価値がない」など、否定的なコメントが多く寄せられた。

また、「ついでに2017人が同時に足を洗うギネス記録をなぜ申請しなかった?」「来年は2018人で田植えして記録更新するんだろ?」という意見もあり、いずれも大きな意義はないことを強調している。

しかし、「こういう農業でのギネス記録はいいと思うな。浪費によってギネス記録を作るよりずっといい」「こういうイベントを組織するのは面白いじゃないか。意味があるかどうかは別として、その過程が楽しい」など、少数ながら肯定的なコメントもあった。(翻訳・編集/山中)