別れの可能性MAX!! 彼氏にたいして「絶対言ってはいけない」5つの言葉

写真拡大

付き合いが長くなってくると、彼氏に対して不満を口にすることもあるでしょう。
しかし、言葉は慎重に選びたいもの。
男性は見た目よりも繊細なため、あなたの言葉に深く傷ついているかもしれません。

そこで今回は彼氏には絶対言ってはいけないことを5つご紹介します。
こういった言葉が原因でケンカになったことはありませんか?
彼氏と長続きしたい方は必見 です!

●(1)普通は〜するよね

『自分のことを見下した言いぐさがすごくムカつきますね、そんなこと言う女性とは付き合えません』(26歳/医療)

デートの際に思っていたことと違う展開になったときに使ってしまいがちな「普通」という言葉。
実は自分の価値観を押し付けている のです。

「普通はもっとおしゃれなカフェ入るよね?」などといった言葉は彼を怒らせてしまう可能性も。
希望があるのなら、こういうところに行きたいと素直に伝えましょう。

●(2)〜さんのほうがすごい

『迷わず別れますね。だったらそいつのとこ行けば?って思う』(25歳/コンサル)

男性は他の人と比べられるのを嫌います。
たとえ彼氏よりもすごい人がいたとしても、それを目の前でいうのは避けましょう。

彼氏に頑張って欲しい場合でも決して他人とは比べてはいけません。
彼自身のやる気を引き出すには褒めることが大切 です。

●(3)〜のくせに!!

『元カノから「男のくせにレシートちまちま見ないで」と言われたことがキッカケで別れた。そのひとの先入観で「〜のくせに」とか、価値観おしつけないでほしい』(31歳/営業)

彼の頼りないところが見えるとつい「男のくせに!!」と言いたくなってしまいます。
しかしこれもあなたの男性に対する価値観の押し付けにすぎません。

「女のくせに」と言われて腹が立つのであれば、そういった言葉遣いは避けた方が良いでしょう。

●(4)その程度

『仕事のことで悩んでいたときに「その程度のことでくよくよしないでよ」と言われた。結構真剣に落ち込んだ』(34歳/不動産)

彼氏が不器用だとしても、バカにするような言葉はNGです。
「その程度のこともできない」といった蔑むような言葉は彼に劣等感を抱かせてしまう かもしれません。

男性は持ち上げられると真価を発揮するものです。
できないことには目をつぶってできることを褒めれば関係も良好になりますよ。

●(5)だから言ったじゃない

『後だしジャンケンみたい。なんか都合いいな〜って思ってしまう』(26歳/飲食)

彼が失敗したときに揚げ足をとるようなことを言っていませんか?
たとえ彼があなたの忠告を聞かずに失敗したとしても、優しく受け入れてあげましょう。

彼はすでに自分で自分を責めているはずなので、責めるような言葉は感情を逆なでするだけです。
彼が必要としているのはあなたの優しさ です。

----------

女性にとっても言われると嫌な言葉があるように、男性にもNGワードがあります。
特に彼の自尊心を傷つけるような言葉は、彼のあなたに対する信頼を失いかねません。

カップルといっても他人です。
何よりも思いやりを持った言葉で接する ことが大切です。

「親しき仲にも礼儀あり」でより良い関係を作っていけるといいですね。

(文/恋愛jp編集部)