実際に使われていたときの庭を見てみたかったですね。

エジプトのルクソールで約4,000年前の墓地の庭園が発掘されました。発掘したスペイン国立研究協議会(CSIC)のプロジェクトチームによれば、墓地にある庭園の存在は墓の壁画などに描かれていたことから知られていましたが、実際に発掘されたのはこれが初めてなんだとか。



ルクソールは、古代エジプトの都テーベがあった場所です。今回発見された古代の庭園は同都市のドゥラ・アブ・アル=ナーガ丘で発掘されました。約4,000年前というと、エジプトが統一された中王国時代で、テーベが初めて首都になった頃になります。


20170515_egypt_garden_r.jpg


庭園の大きさは3メートル×2メートルで、地面から0.5メートルほど盛り上がったところで30センチ四方の花壇に分割されていました。花壇ではワイルドレタスやナス、花などを育てていたとされてます。それに、庭園の隣には2本の木が植えられていたそうです。上の図はCSICによる今回の調査結果を元にしたイメージですが、当時はこのような感じだったのでしょうか。


20170516_egypt_garden2_r.JPG


さらに、庭園のそばからお供え物と思われる、ナツメヤシなどのフルーツが入れられたボウルも発見されました。

プロジェクトチームを率いるJose Galán博士によると、「花壇で育てられた植物は象徴的な意味を持ち、葬儀の儀式で役割を果たしたのでしょう」とのこと。そのため、発見された庭園からは、当時の文化や社会とともに信仰や習慣に関する情報が得られるのでは? と期待されています。

また、Galán博士は「庭園の発見と分析によって、4,000年前のルクソール、古代テーベの植物学的そして環境的な状態に関して価値のある情報を得られる」とも語っており、今回の発見で古代エジプトについてより深く知ることができそうです。


・ツタンカーメンの墓をスキャンしたら驚くべき事実が発覚
・5300年前のミイラ、アイスマンが最後に食べたものは…プロシュート


image: CSIC
source: CSIC, CSIC Comunicación / YouTube

(たもり)