15日、捜狐は、日本の女子プロゴルフツアーに参戦している19歳の中国人選手・石ユーティンが、その美しさから日本で注目を浴びていることを伝えた。

写真拡大

2017年5月15日、捜狐は、日本の女子プロゴルフツアーに参戦している19歳の中国人選手・石ユーティン(シー・ユーティン、ユーは日の下に立、ティンは女偏に亭)が、その美しさから日本で注目を浴びていることを伝えた。

石は1998年3月、北京人の両親の娘として日本で生まれ、5歳で父親の仕事の都合で上海に移住するまで日本で暮らしていた。まだ20歳に満たない若さだが、中国の女子プロツアーでは賞金女王に輝き、日本のツアーにチャレンジすることを決めたという。

日本の女子プロゴルフ界では最近、超ミニスカのファッションと華麗なプレーから「セクシー女王」と呼ばれる韓国のアン・シネが話題となっている。そんな中、今シーズンすでに11試合に出場して予選落ちはわずか3回、トップ15に2回入るなど高いパフォーマンスを見せる石に対する日本メディアの注目も高まっている。

記事は「甜心」(スイートハート)というあだ名を持つ石について、日本のネットユーザーから「かわいい」「韓国の女神よりはるかに美しい」との評価が出ていることを紹介。また、中国のネットユーザーからは「中国人だと言われなかったら、韓国人だと思い込んでいた」など、韓国の美人新体操選手として知られ、先日引退を表明したソン・ヨンジェさんに似ているとの声が出ているという。(翻訳・編集/川尻)