かつて錦織圭と日の丸経験の元日本ランク4位の27歳、TIUから厳罰…事情聴取は拒否

 男子テニス世界ランキング元295位で、05年ジュニアデビス杯U-16大会で錦織圭(日清食品)と日本代表でともに戦った三橋淳が、テニスの不正監視団体「テニス・インテグリティ・ユニット(TIU)」から八百長への関与で永久追放と5万ドル(約568万円)罰金という厳罰に処せられた。TIUが声明文を発表したもの。

 三橋は2015年11月にサウスアフリカで行われたIFTフューチャーズの大会でジョシュア・チェティに八百長を持ちかけた。シングルス戦での無気力プレーに2000ドル(約27万7000円)、ダブルス戦での無気力プレーに600ドル(約6万8000円)という内容だったという。チェティは2016年9月に永久追放処分を受けていた。

 三橋は同年12月にはナイジェリアのラゴスで別の選手に八百長を持ちかけたという。

 そして、八百長事件だけでなく、2015年10月から11月までテニスの公式戦結果に対し、76度も賭博行為を行っていたといい、これは全てのプロテニス選手に禁止されている違反行為に当たるという。

全容解明に協力姿勢見せず…プロ選手として大会、イベントなどへの参加全面禁止

 三橋はTIUの事情聴取を拒否し、事件の全貌解明に協力姿勢を全く見せなかったという。

 声明文では「全てのプロテニス選手としての活動禁止処分は即時実行されるものとする。つまり、この選手はテニス協会主幹の大会への参加、いかなるトーナメント、イベントへの参加を禁止される」とされている。

 三橋は1989年6月1日生まれの27歳。駿台甲府高では05年ジュニアデビス杯U-16大会に錦織圭らと日本代表として出場。07年にプロ転向し、08年に日本ランク4位となっていた。

 錦織の躍進とともに日本テニス界は全盛期を迎えていたが、三橋がよもやの八百長行為で泥を塗ることになってしまった。