カバーニ悲願の初MVP!2016-17シーズン、リーグ・アンの各賞が決定

写真拡大

▽フランスプロサッカー選手連合(UNFP)は15日、2016-17シーズンの各個人賞を発表した。

▽今回で26度目となるUNFP主催の表彰式では、今シーズンのリーグ戦でこれまで35試合36ゴールを奪い得点ランキングのトップに立つパリ・サンジェルマンのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが最優秀選手賞を受賞した。

▽また首位に立つモナコで、リーグ戦27試合14ゴール11アシストを記録し、チーム躍進の立役者となったフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)が、最優秀若手選手賞を受賞している。モナコ所属時にこの賞を獲得した選手としては、2004年のパトリス・エブラ、1998年のダビド・トレゼゲ、1997年のティエリ・アンリ等、後のビッグネームが名を連ねる。

▽最優秀監督賞には、攻撃的なサッカーを標榜し、積極的な若手起用で結果を出している、モナコのポルトガル人指揮官、レオナルド・ジャルディム監督が選出された。プロサッカー選手としての経験の無いジャルディム監督だが、チャンピオンズリーグの舞台でも、モナコの躍進は目覚ましく、今シーズンはベスト4まで駒を進めた。その他、各賞の受賞者は以下の通り。

◆最優秀選手賞

エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/ウルグアイ)

◆最優秀若手選手賞

キリアン・ムバッペ(モナコ/フランス)

◆最優秀GK賞

ダニエル・スバシッチ(モナコ/クロアチア)

◆最優秀監督賞

レオナルド・ジャルディム(モナコ/ポルトガル)