Block BのP.O、演劇「MANITOZ」に出演決定…国語の先生役に挑戦

写真拡大

Block BのP.Oが演劇の舞台に上がる。

演劇「MANITOZ」(演出:キム・ソニョン、製作:劇団「少年」) は、本日(16日) 俳優キャスティングのラインナップと公演プロフィール写真を公開した。

劇団少年は、ハンリム演芸芸術高等学校の第1期生が意気投合し、2015年に設立された劇団で、Block BメンバーのP.O(本名:ピョ・ジフン) の活動により人々に名前が伝わった劇団である。

「MANITOZ」は“MANITOZ”というミュージックストアを背景に、本物の人間と同じ姿のアバターが登場して巻き起こる一連の事件を通して、真の人生と愛の意味に再び照明を当てた創作喜劇である。

過去の傷で対人恐怖症を感じる作曲家シン・ドンウクが運営する音楽ストア“MANITOZ”を背景とする。

作品の演出を引き受けたキム・ソニョン演出家は、劇中の人物たちのストーリーを偏らずに扱う繊細な演出で、仮想現実と現実を巧みにつなげ、作品の没入度を高めるものと期待を集めている。

特に劇中、先端技術のバーチャルリアリティ装置を用いて、依頼人とコミュニケーションしたり、アバターを登場させたりし、適材適所に置かれた斬新な素材は、観客の心を捕らえる見込みだ。

劇中、片思いしている女性の音楽の好みを見つけるために“MANITOZ”に入ってきた国語の先生パク・ヨンボム役には、P.Oがキャスティングされた。

人気アイドルグループBlock Bで活動中のP.Oは昨年、劇団少年の最初の作品である演劇「スーパーマン・ドットコム」で、骨太の演技で今までとは全く違う姿を披露しており、今回の作品での活躍にも期待を加える。

“MANITOZ”の実際の運営者で作曲家のシン・ドンウク役には、俳優イ・ハンソルが名を上げた。彼もまた「スーパーマン・ドットコム」で円熟な演技で注目され、今回の作品では過去の傷で対人恐怖症を経験するシン・ドンウクを演じる予定だ。

作曲家シン・ドンウクの友人で、天才的な頭脳を持つ不法アバター複製専門家のミンジュン役には、これまで短編映画「パパの剣」などで繊細な演技を披露してきたイ・チュンホがキャスティングされた。また、ミンジュンのアバターで魅力的な外観が特徴のミンヒョク役には、映画「帰郷」などで骨太の演技で注目された新鋭俳優イム・ドンジンが出演する。俳優イ・チュンホとイム・ドンジンは、本物の人間と彼のアバターで出演し、絶妙に息を合わせた演技で、作品に新鮮さを吹き込む予定だ。

幼馴染みの子にずっと片思中の純情男カン・シフ役には、俳優チェ・ヒョンソンがキャスティングされた。カン・シフの片思いの相手で、劇中ピョ・ジフンが演じるパク・ヨンボムを片思いする陽気な女子高生ユ・チェリム役には、女優アン・ヒョナの名が上がった。

最後に、劇中ミンジュンのアバターであるミンヒョクに好意を感じるハン・ハル役と、作曲家シン・ドンウクの過去と現在のどこかに存在している彼女ヤン・ミンジュ役に女優イ・ギョンウン、Webドラマ「全知的片思いの時点」シーズン3にユイン役で出演して印象深い演技を見せてくれたパン・ユインがキャスティングされた。

新しい題材と、若くて覇気の溢れる創作スタッフと俳優の組み合わせで注目を集めている演劇「MANITOZ」は、6月17日から25日までJTNアートホール2館で公演される。