KangNamからAFTERSCHOOL ユイまで「ジャングルの法則」ニュージーランド編のポスターを大公開!

写真拡大

「ジャングルの法則」ニュージーランド編のポスターが公開された。

キム・ビョンマンをはじめKangNam、イ・ギョンギュ、AFTERSCHOOLのユイ、Apinkのチョン・ウンジ、SISTARのソユ、パク・チョルミン、ソンフン、SUPER JUNIORのシンドン、GOT7のマーク、イ・ジェユン、Microdot、SBSアナウンサーキム・ファンが出演する今回のSBS「ジャングルの法則」の生存地はニュージーランドの北島である。ニュージーランドは氷河から火山、砂漠、原始林、高原、海、そして湖まで、さまざまできれいな自然環境に恵まれた魅力的な場所だ。しかし、「ジャングルの法則」側は公式ポスターを通じて、ここでの生存がままならないことを暗示した。

公開された団体ポスター3点の1つにはマーク、ユイ、シンドン、パク・チョルミンらが青ざめた顔で雨着をかぶり雨風にさらされている。出演者たちがニュージーランドに対するファンタジーを抱いて現地に到着するとともに、厳しい天気のため自然の辛さを味わったという。

出演者たちは別の団体ポスターでも巨大な木の下で風と寒さを凌いでいたり、疲れた表情でカメラを見つめており、彼らの苦労が伝わってくる。

女性メンバーたちの個人ポスターも公開された。ユイとチョン・ウンジ、ソユともに化粧っ気のない清楚な美貌が際立つが、3人ともサバサバした性格として知られており、ジャングルでの活躍が期待を高めている。

「ジャングルの法則」ニュージーランド編を演出したミン・ソンホンプロデューサーは、「女性3人の活躍が凄かった。制作陣は“ワイルドガールズ”というニックネームもつけた。今回のジャングルにはワイルドガールズとワイルドボディ、ワイルドマウス、ワイルドキッズ、ワイルド族長、そしてイ・ギョンギュが存在する」と付け加えた。

また、今回の「ジャングルの法則」ニュージーランド編でイ・ギョンギュの存在感は絶対的だ。キャスティング検討の段階からポータルサイトのトップページを飾り、話題の中心に立っていた。多かったコメントの1つは「ジャングルでもヌッパン(横になって行う放送) をするのか」という質問だった。

「ジャングルの法則」制作陣はイ・ギョンギュのヌッパンを個人ポスターで公開した。大の字で寝ている姿はもちろん、固まった髪の毛に裸足で自身の腕を枕にして気の毒なポーズで寝ている姿まで公開され、本番に対する好奇心をくすぐる。

「ジャングルの法則」ニュージーランド編は、韓国で19日の夜10時に初放送される。