メッセージ

写真拡大

アカデミー賞8部門へのノミネートをはじめ、世界中で驚きと称賛をもって迎えられたSF感動作『メッセージ』が5月19日(金)より公開となるが、メガホンを取ったドゥニ・ヴィルヌーヴ監督から日本のためだけにメッセージが到着した。

巨大飛行体から人類が受け取った美しくも哀しいメッセージと、娘を亡くした言語学者ルイーズ(エイミー・アダムス)の切なすぎる決断に全世界が涙し、世界各国でリピーターが続出している感動作。そして、"絶対に映像化不可能"と言われたこの作品を映画化した人物こそ、独創的なストーリーと映像センスで注目を集めるヴィルヌーヴ監督だ。

本作で自身初のアカデミー賞作品賞・監督賞ノミネートを果たし、『ブレードランナー 2049』や『デューン/砂の惑星』の続編に大抜擢されるなど、今後のハリウッドを担う"あらたな奇才"として期待される。そんな彼が、今か今かと公開を待っている日本のためだけに"メッセージ"を送ってくれた。解禁となった特別映像は「"ばかうけ"から影響を受けた」という"ハリウッドの新巨匠"からのまさかの告白でスタート! さらに、誰もが気になる"感動のラスト"を楽しむための秘訣も伝授している。

飛行体ビジュアルが解禁されて以来、ネット上では「もうずっと"ばかうけ"にしか見えない」「ばかうけがついに映画化されたと聞いて」「ばかうけにタイトル変えたらいいと思う」と話題になっていた。

映像ではそんな声に敬意を表して、「親愛なる日本の皆さん」と語り始める監督が、「ご推察の通り宇宙船のデザインは"ばかうけ"に影響を受けた。本当だよ」と、驚きのジョークを披露! 実際には、太陽系を公転する実在の小惑星を参考にし、「地球上にはないイメージで、人間には計り知れないように見せたい」というこだわりによってデザインは誕生した。しかし、自信を持って生み出した形が遠く離れた日本では"誰もが知るお馴染みのお菓子"だったという衝撃の事実と、ネットの盛り上がりに応えて、注目作を次々と手掛ける監督とは思えない茶目っ気たっぷりな一面を見せてくれたのだ。この映像は当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく!

もはや監督の公認となった"ばかうけ飛行体"の圧倒的インパクトと、そこからは想像もつかない"誰も観たことがない感動のラスト"は必見! 『メッセージ』は5月19日(金)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)