写真提供:マイナビニュース

写真拡大

まだ梅雨入り前の5月だが、暑い日々が続いている。「すでにエアコンを使っている」という家庭も多いのではないか。少なくとも7月、8月の室温が30℃を超える中で、エアコンを使わない人はあまりいないだろう。夏本番を蒸し風呂で迎えないため、夏前のエアコン試運転を勧めたい。

ダイキンによると、エアコンの修理依頼は7月に集中しており、ピーク時は修理に1週間以上かかるという。夏前のこの時期にエアコンの試運転と点検を行い、夏を快適に過ごしてもらいたい。点検方法はダイキンが勧めるものを参考にしている。

まずエアコンの温度を最低温度(16〜18℃)に設定し、10分程度運転する。そこで冷風がしっかり出ているか、異常を示すランプが点滅していないか確認する。ここでランプが点滅していると故障の可能性がある。

さらに30分程度運転し、室内機から水漏れがないか、また異臭や異音はしないか確認する。試運転で室内が冷えなかったり、水漏れ、異臭や異音がする場合は故障の可能性があるため、夏を快適に過ごしたければ、販売店かメーカーに相談するべきだ。

今故障が見つかっても、修理に出せば夏本番に間に合う。夏前の今こそエアコンの点検を行い、夏を快適に過ごしてほしい。

(瀬尾俊輔)