昇格組の大分に4失点大敗を喫した名古屋。これで3試合白星なしで、順位も6位に転落した。(C)J.LEAGUE PHOTOS

写真拡大

 J2リーグは5月13日、各地で13節の11試合が行なわれた。
 
 ここ2試合ドローの名古屋はアウェーで大分と激突。21分に先制点を奪われると、53分、57分、85分と後藤優介にハットトリックを決められて4失点を喫した。名古屋の1試合4失点は今季最多。シモビッチが81分に1点を返したものの、昇格組の大分に大敗した。
 
 そのほか、ウェリントンの決勝弾で岡山に勝利した福岡が3位に浮上。アウェーで熊本と対戦した湘南は、試合終盤に挙げたジネイのPK弾で白星を挙げ、5節以来となる首位に返り咲いた。
 
各試合のスコアは以下の通り(クリックすると、各試合の採点記事に移動します)。

5月13日(土)
山口 1-1 京都(維新公園)

水戸  横浜FC(Ksスタ)

群馬 愛媛(正田スタ)

松本  町田(松本)

讃岐  東京V(ピカスタ)

福岡  岡山(レベスタ)

大分  名古屋(大銀ド)

千葉  長崎(フクアリ)

金沢  山形(石川西部)

徳島  岐阜(鳴門大塚)

熊本  湘南(えがおS)