@AUTOCAR

写真拡大

「ディザイア」、2009年以来の主力商品

スズキのインド子会社「マルチ・スズキ」社は、スイフトのセダン・タイプにあたる新型「ディザイア」を5月16日よりインド国内で発売している。

「ディザイア」は、エントリー層やセダンへのステップアップ・ユーザー向けのコンパクト・セダンとして2008年3月に販売を開始。

これまでにインド国内で累計約140万台の販売を記録している同社の主力モデルのひとつである。

「ハーテクト」は共通 中南米にも輸出へ

全面改良した新型「ディザイア」は、2017年より日本や欧州などで販売を開始した新型「スイフト」と共通の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用。

軽量/高剛性のボディにより、走行性能と低燃費を高いレベルで両立させるとともに、安全面では今後インド国内で導入される法規にも適合している。

インド国内での販売開始に続いて、インド周辺国、中近東、アフリカ、中南米市場への輸出もおこなう。

next:「AUTOCARアンケート」にご協力ください!