「韓国を訪れた外国人が驚く七つのこと」という動画がネット上で話題になっている。写真はソウル。

写真拡大

2017年5月15日、「韓国を訪れた外国人が驚く七つのこと」という動画がネット上で話題になっている。中国新聞網が伝えた。

韓国・聯合ニュースによると、動画には韓国に特徴的なびっくりする光景が並べられているが、中でも「夜更かし」の多さに驚くという。「日付が変わるまで飲み歩いたのに、翌日も普段と同じように出勤」、「サウナで一夜を明かす」、「24時間営業のコンビニエンスストア」は、韓国ではごく当たり前でも、外国人の目にはびっくりするような光景に映っている。

韓国・ダウムソフト社が2013年から17年5月9日までブログやツイッター、ニュース記事などのビッグデータを分析したところ、韓国の「夜更かし」に関する書き込みは64%も増加。また、夜寝ないまま朝を迎えた際の特徴的な感傷を示す「凌晨感性」という言葉がSNSで使われる数も増えており、夜更けのデリバリーフードをSNSに書き込む件数も少なくない。また、夜市で飲食するなど、夜遅い時間に街を散策する人も多く、深夜の旅行商品も人気になっている。

なお、韓国人の年平均労働時間は2113時間で、経済協力開発機構(OECD)加盟国中2位。韓国人が深夜になっても活動的なのは、夜まで勉強や仕事に長い時間をさかれることが原因だと分析されている。(翻訳・編集/岡田)