写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京・銀座に期間限定オープンするカフェ「夢の7億円 〜ドリームジャンボカフェ〜」のオープン記念イベントが行われた。同イベントには元AKB48の島崎遥香さん、女子レスリングの吉田沙保里さん、ヴァイオリニストの宮本笑里さん、平成29年度の宝くじ「幸運の女神」の一人である栗原有紗さんが出席した。

「夢の7億円 〜ドリームジャンボカフェ〜」は、5月10日より全国で販売開始した平成29年の「ドリームジャンボド宝くじ」(第718回全国自治宝くじ)と、「ドリームジャンボミニ1億円」(第719回全国自治宝くじ)を記念した期間限定カフェ。東京都中央区銀座宇丁目の「G735 Gallery」となりが会場で、「夢」あふれる様々な超高級商品が展示されている。

5月16日に開催されたオープン記念イベントに登壇した元AKB48の島崎遥香さんは、カフェに展示されるティアラやネックレスなど総額7億円のアクセサリーを身につけて登場。「生涯身に着けられないであろうアクセサリーを身につけさせていただいて光栄に思います」と感想を述べる。また「もし7億円が当たったらどうするか」という質問に対して、「私自身は親孝行がしたいので、なにかできたらいいなと思います」と気持ちを語った。

警備員の姿に扮して表れた女子レスリングの吉田沙保里さんは、この質問に対し、「島を買って、私や後輩たちも練習や遊びができる環境を作りたいです」と述べ、「2020年まで3年しかありませんから、早くドリームジャンボを買って当選しないとね! 」と笑顔を見せた。

同イベントの合間には、ヴァイオリニストの宮本笑里さんが7億円のヴァイオリンの名器、ストラディバリウスをもって登壇。「タイスの瞑想曲」の演奏を披露。演奏した感想を「自分自身でも骨の奥に響き渡ることが実感できる音色」と語った。

「ドリームジャンボ宝くじ」の1等賞金は5億円で、1等の前後賞が各1億円、前後賞を合わせた賞金額は7億円。「ドリームジャンボミニ1億円」は、1等賞金1億円が24本用意される。価格はいずれも1枚300円となり、平成29年5月10日(水)から6月2日(金)にかけて販売される。

「夢の7億円 〜ドリームジャンボカフェ〜」のギャラリーコーナーの展示品金額の合計は16億7013万7,762円にも及ぶ。スポーツカーや高級ピアノ、高級腕時計、高級オーディオのほか、購入できる無人島の紹介なども行われ、宝くじに当選することで手に入れられる「夢」が形として展示されている。カフェコーナーでは、ミネラルウォーターと宝くじマスコット「クーちゃん」型和三盆のセットも販売するとのこと。