16日、「一帯一路」サミット出席のために北京を訪れていた自民党の二階俊博幹事長が中国の習近平国家主席と会談した。写真は北京の釣魚台国賓館。

写真拡大

2017年5月16日、「一帯一路」サミット出席のために北京を訪れていた自民党の二階俊博幹事長が中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と会談した。環球時報が伝えた。

二階氏は17分間に及ぶ会談後の記者会見で、会談が静かで和やかな雰囲気で行われたこと、会談冒頭に安倍晋三首相による「情熱が詰まった書簡」を手渡したことを紹介。書簡には安倍首相の考えが3ページにわたって書かれていたという。

また、「2015年5月に会談した時に比べて、日中関係が少しずつ好転しているのを感じた。今年の日中国交正常化45周年、来年の日中平和友好条約締結40周年に際し、双方が各種記念イベントを開催して日中関係の発展に推進力を与えることを希望する」と語った。一方、以前安倍首相が「疑念が晴れれば積極的にアジアインフラ投資銀行(AIIB)への加入を検討する」と語ったことについては「毎度毎度話す必要はない」とし、会談の中でAIIBの話を持ち出さなかったことを明かしている。

新華社は二階氏との会談における習主席の発言を紹介。習主席は「平和、友好、協力が双方にとって唯一の正しい選択であり、両国民や国際社会の望みであることを歴史が証明している。われわれは両国関係の改善を妨げている問題について深く考え、有効な措置をとって状況を好転させるべきである」とした。

また、「世界の主要な経済国である両国は経済のグローバル化、貿易の自由化推進において共通の利益を持っている。『一帯一路』構想は両国の相互利益に向けた協力、共同発展を実現する新たな場、モデルケースとなり得る。日本が中国とともに『一帯一路』の枠組みにおいて協力を模索することを歓迎する」と述べている。(翻訳・編集/川尻)