全日本大学選抜にも選出されている守護神

写真拡大

 セレッソ大阪は16日、来季の新加入選手として福岡大のGK永石拓海(4年=高川学園高)が内定したことを発表した。

 クラブは「恵まれた体格と高い運動能力を生かしたクロスやシュートストップなどの守備範囲の広さが持ち味のGK。後方からチームを鼓舞する熱いコーチングも魅力」と評価している。

 永石は今夏にユニバーシアード台湾大会を控える全日本大学選抜(ユニバーシアード日本代表)に選出される可能性も高く、期待十分の守護神。昨季の福岡大では全国大会への出場こそ夏・冬ともに逃したが、「やっぱり復活しないと意味がない。絶対にプロにもいくつもりですし、自分たちがやるしかないです」と語っていた。

 クラブ公式サイトを通じて本人は「小さい頃からの夢であるプロサッカー選手というキャリアを、C大阪という素晴らしいクラブでスタートできる事を大変嬉しく思います。自分の特徴であるコーチング、ハイボールの強さ、守備範囲の広さを生かしてC大阪の勝利に貢献していきます。C大阪に関わる全ての方々、今まで自分を支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず日々努力していきますので応援よろしくお願いします」と挨拶している。

プロフィールは以下のとおり

●GK永石拓海

(ながいし たくみ)

■生年月日

1996年2月16日(21歳)

■出身地

山口県

■身長/体重

191cm/86kg

■経歴

国府中-高川学園高-福岡大

■代表歴

U-17日本代表(13年)

九州学生選抜(14年)

全日本大学選抜(14、16、17年)


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ