スリランカ南西のインド洋に浮かぶモルディブ諸島に、昨年ラグジュアリーかつサステイナブルなリゾート「ソネヴァ・ジャニ」がオープン。この楽園を手がけているのはモルディブに3つのリゾートを展開するソヌ&エヴァ・シヴダサニ夫妻。エル・デコ日本版によるエヴァ・シヴダサニのインタビューをお楽しみください。

緑深い小島と開放感溢れる水上ヴィラで構成されるこのリゾートのオーナーは、ソヌとエヴァのシヴダサニ夫妻。1995年にモルディブに最初のリゾート、ソネヴァ・フシを開業して以来、クリエイティブディレクターのエヴァが熱心に取り組んできたのが、快適でありながら自然環境や人権に配慮したリゾート運営をすることだった。「スリランカで女性の自立支援を行うブランド、ベアフットの美しいインテリアファブリックを採用したり、建材に再生可能な木材を使ったり。ソネヴァ・ジャニを建てるときにも木は極力伐採しないように工夫を凝らしました」とエヴァ。「現代のラグジュアリーはプライバシーやおいしい食事、良質な眠り、そしてきめ細やかなサービスに象徴されている」と話す彼女は、食材の多くをオーガニックで自給。ぐっすり眠れるよう、Wi-Fiの無い環境作りにもこだわったという。「私はコントロール・フリークだから、自分の手が届くサイズの施設がちょうどいいの」というエヴァのアイディアが隅々まで生かされたソネヴァ・ジャニには、人と自然に対する夫妻の愛が溢れている。

上、左下 珊瑚礁の海に囲まれた洗練のリゾート、ソネヴァ・ジャニ。客室は1ベッドルームから4ベッドルームまで全25室。自然の植生にも配慮して建てられた水上ヴィラにはプライベートプールを完備している。現地へはモルディブマーレ空港より水上飛行機で約40分。 右下 現在、モルディブにソネヴァ・ジャニとソネヴァ・フシ、タイにソネヴァ・キリと、3つのリゾートを展開しているソヌ&エヴァ・シヴダサニ夫妻。「ゲストからの要望がない限り、シーツの交換をしない“non-washing policy”を始めたのは実は私たちなのよ」とエヴァ。「植物たちにも感情があると考えているから、生花は飾らないの」とも教えてくれた。GWの旅程にリゾートを考えているなら、エコな視点で成功を収めた真のハイエンドリゾートもぜひ候補に!

text:SHIYO YAMASHITA

Maldives Soneva Jani
Medhufaru Island, Noonu Atoll, Republic of Maldives
tel. +960 656 6666 
http://www.soneva.com/