「防弾少年団が精神的・身体的ストレスを受けている」…事務所が行き過ぎたファンに自制を要請

写真拡大

ホットなグループ、防弾少年団が私生ファン(サセンペン:芸能人の私生活まで追いかけるファン) のために苦労している。所属事務所は公式ファンカフェを通して自制を要請した。

Big Hitエンターテインメントは15日、防弾少年団の公式ファンカフェ掲示板に「防弾少年団BBMAs/海外ツアー関する公示」というタイトルのお知らせを掲載。

「最近、海外ツアー中にマネージャーや警護員の制止があったにも関わらず、一部のファンが違法な方法で入手した航空スケジュールを利用し、防弾少年団と同じ飛行機に搭乗して機内でメンバーの隣の席に座ろうとしたり、近距離で密かに写真や動画を撮影するなどの行動を繰り返し、物議を醸している」と明らかにした。

続けて「一部ファンの芳しくない行為で防弾少年団メンバーは精神的、身体的に大きなストレスを受けている。違法な方法で得た航空スケジュールを利用した、同じ航空便の予約及び搭乗、違法な撮影、プライベートな空間の侵害などは慎んでほしい」と呼びかけた。
最後に「今回のBBMAs(Billboard Music Awards) 訪問の際、防弾少年団が安全かつ成功裏に、決まった日程を終えることができるよう、ファンの皆様の理解と協力をもう一度お願いしたい」と付け加えた。この知らせは、英語、日本語、中国語でも翻訳され、海外のファンにも伝えられた。

防弾少年団は21日、米ラスベガスで開かれる「ビルボード・ミュージック・アワード 2017」に出席する。韓国のグループとしては防弾少年団が初となる。