小林幸子、ゴールデンボンバー、高橋洋子、オーイシマサヨシが超音楽祭2017のDAY2に登場

写真拡大 (全3枚)

2017年4月29日・30日の2日間にわたり、幕張メッセで開催されたニコニコ動画最大のイベント「ニコニコ超会議2017」。その中で行われた超音楽祭2017 DAY2に、小林幸子、ゴールデンボンバー、高橋洋子、オーイシマサヨシら多彩なアーティストが出演。ステージの模様はニコニコ生放送にて中継され、多くの視聴者からコメントが書きこまれた。

超音楽祭、2日目のオープニングステージを飾ったのは航空自衛隊 航空中央音楽隊だった。

ニコニコ動画でも人気の「超時空要塞マクロス」や「響け!ユーフォニアム」などの楽曲などを演奏し、会場が盛り上がったところで、次に登場したのはオーイシマサヨシ。「まくはりちほーのみんな、オーイシおにいさんだよ!」と呼びかけ、楽曲の歌詞にもなっている「けものはいても、のけものはいない」を会場とコールアンドレスポンス。一気に会場全体を盛り上げた後、「ようこそジャパリパークへ」を披露した。

会場全体が「うー!がおー!」「大騒ぎ!」などの合いの手で盛り上がる中、ニコニコ生放送視聴者も一緒になってコメントを書き込むなどリアルとネットが一体感で包まれるライブとなった。

続いてTVアニメ「月刊少女野崎くん」主題歌「君じゃなきゃダメみたい」を「ニコニコじゃなきゃダメみたい」バージョンで披露したオーイシマサヨシ。最後は親友でもあるミュージシャンのGeroが登場し、コラボレーションで「ルカルカ★ナイトフィーバー(オーイシマサヨシカバーver.)」を熱唱。ここでしか見られない特別なステージに、視聴者からも「良すぎてため息出る…」「声の相性良いねぇ」などのコメントが寄せられた。

その後、ペンタゴンや熱血!如水塾(コスプレ)、DIAURA、THE虎牙道(アイドルマスター SideM)、FRAME(アイドルマスター SideM)、バンドじゃないもん!、BiSHなど、多彩なアーティストが出演し、終盤に登場したのは、この日のために作ったという特製の着物をまとった小林幸子。

ボーカロイド曲「エイリアンエイリアン」の替え歌「サチコサンサチコサン」に続いて、超歌舞伎の劇中歌にもなっている「吉原ラメント」を披露。和楽器バンドのベーシストとしても活躍するボカロPの亜沙がサプライズゲストとして登場すると、ニコニコの視聴者は「豪華」「これは聴き入る」「生で聴きてえ」など、豪華すぎるコラボに感動しているようだった。

小林幸子は続いて、「人生を変えた歌を聞いてください」と前置きして、自身のヒット曲の「おもいで酒」を歌い上げた。これにニコ生視聴者からは「わー!!!!ここで聞けるの!」「これがタダ……」だと……」と賞賛のコメントが贈られ、会場も大盛り上がり。小林幸子も「演歌歌ったら場違いかなって思ったけど、すごく嬉しいです」と涙ぐむ場面もあった。

感無量の様子の小林幸子は最後に「感謝の気持ちをこめて」とボーカロイド曲「千本桜」を熱唱。この流れにニコ生視聴者も「きたあああああああ」「おおおおおお」「もはや持ち歌w」と大興奮。ステージはピンクのライト、会場はピンクのサイリウムで照らされ、さらに生放送の画面は”弾幕職人”により桜を文字で表した弾幕が彩り、AR演出により桜吹雪が舞い踊るなどニコニコ生放送の画面が桜色で埋まった。

続いて登場したのはゴールデンボンバー。「#CDが売れないこんな世の中じゃ」「綺麗になりたくて」と2曲続けて披露したVo-karuの鬼龍院翔は、「僕らゴールデンボンバーはTVに出るよりも早くニコニコ動画でブレイクしたので、ニコニコ動画はいわば僕らの恩人です」と感謝を述べ、「抱きしめてシュヴァルツ」へ。

ステージでは、喜矢武豊がフライパンを持ち出し、超会議のブースの一つである「超料理」にひっかけてソーセージを会場で”腸”料理したり、会場内で同時開催の「大相撲超会議場所」をネタにして樽美酒研二がまわしを締めて力士と対決したり、コスプレイヤーが集まる「超コスプレエリア」をイメージして歌広場淳がセーラームーンのコスプレを披露したりと、ゴールデンボンバーならではの自由なパフォーマンスに、視聴者からも「なんだこれはwwwwww」「ぶっこみすぎw」など総ツッコミがコメントに並んでいた。