利用イメージ(公式サイトより)

写真拡大

スマートフォンの普及にともなって、カラーバリエーションや素材、保護性などの特色を打ちだした「スマホカバー」が日々発売されている。

そんななか、「斬新すぎる」機能を搭載したスマホカバーが登場した。

もはやマジック!

商品の名は「Mokase」。厚さ1cmほどの一見何の変哲もないカバーだが、なんと、エスプレッソコーヒーを淹れることができる。

英の企業家2人によって発明されたこの商品。耐熱仕様の本体に加熱システムを内蔵しており、エスプレッソが入ったカード状のカートリッジを挿入し専用アプリを操作すると、5〜8秒で約25mlの温かいエスプレッソができあがる。

ケースにはリチウム電池が内蔵してあり、USBケーブルで充電する。カバはー、スマホの保護としても十分な強度をもつという。

カートリッジは「classic」「toasted」「arabic」の3種類。対応機種は、アイフォン 6、6s、7、7plusや、サムスンのGalaxy S8、Galaxy S8 edgeなど。カバーは黒と白の2色。

現在、公式サイトで注文を受け付け中だ。日本にも発送可能(送料無料)で、本体が49.9ユーロ(約6200円)、15杯分のカードリッジが9ユーロ(約1100円)。2017年5月16日時点では、カートリッジは半額の24.95 ユーロとなっている。同年9月から順次発送予定となっている。

ツイッター上では、

「これ日本だと緑茶を淹れられるスマホケースとかないんかな?w」
「ええぇ...こんなこと考えるのイタリア人だろと思ったらやっぱりそうだった」
「阿呆だ。(笑)大好き。(笑)」
「やばいwwwwwwちょっとだけほしいwww」

といった反応があがっている。