DF初瀬亮が寄せるMF市丸瑞希への信頼感 「言わなくてもわかる関係」

写真拡大

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われた国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦し、3-2で勝利した。

▽試合後、DF初瀬亮(ガンバ大阪)がメディア陣のインタビューに応対。後半からピッチに入った際に自身との好連携でリズムをもたらしたMF市丸瑞希(ガンバ大阪)について、「言わなくてもわかる関係」と全幅の信頼を寄せた。

◆DF初瀬亮(ガンバ大阪)
(C)CWS Brains,LTD.


──MF市丸瑞希が後半から入ってリズムが出た

「そうですね。ワンタッチでボールを繋ぐのは中学のときからやっていることですし、言わなくてもわかる関係。だいちゃん(MF坂井大将)ともコンビネーションがありましたけど、また違うコンビネーションが出せたのは良かったです」

──前半の戦い方

「アグレッシブに行こうと思っていました。その中で、先制点が取れたので、もっと戦い方や考え方がしっかりしていればチームとして良かったですけど、ああやってカウンターでやられちゃったていうのは本大会で通用しない。自分は右でも左でもチャンスを作れましたし、両方でプレーできたのは本大会に繋がると思っています」

──両サイドでのプレー意識の違い

「あまり変わることはないです。左に入ったことで、渓太(MF遠藤渓太)とのコンビネーションがありましたし、タケ(FW久保建英)が入って、バイタルエリアが空いたときにアイツが生きていると思う」

「タケが出てきて、違うリズムが生み出せたということはこのチームの味。タケとは2回しかプレーしていないですけど、15歳ですけど、ポテンシャルを持っています」

「アイツをどう生かしていくかが僕らの大事なところ。アイツが思うようにできれば、良いスルーパスも出せますし、良いコンビネーションもできますし、今日は選手交代が良かったと思います」