若きレジスタMF市丸瑞希、MF堂安律とDF初瀬亮とは「感覚でできる」…G大阪同僚に寄せる信頼と自信《U-20W杯》

写真拡大

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われた国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦し、3-2で勝利した。

▽後半からピッチに入った際にリズムをもたらしたMF市丸瑞希(ガンバ大阪)が試合後、メディア陣のインタビューに応対。右サイドで好連携を見せた同僚のMF堂安律、DF初瀬亮との関係性に深い信頼と自信をのぞかせた。

◆MF市丸瑞希(ガンバ大阪)
(C)CWS Brains,LTD.


──後半から出場

「前半は相手も(中央を)締めていたし、縦のコースもあまりなかった。自分が出たらサイドに振りながら縦パスを入れるときは、ワンタッチか、ダイレクトを意識していました」

──手応え

「相手もバテていたのかなと。メンバーもどんどん変えていっていましたし。でも、うまくいったのかなと思っています」

──ホンジュラスは初戦の南アフリカを想定した相手

「そうですね。FWに速い選手がいて、そういう相手にカウンターから1点を奪われているので、そういう相手にどうだったかというのは収穫になりました」

──南アフリカを想定した相手の身体能力を体感してみて

「多分、(南アフリカは)もっと球際も強いだろうし、今日の相手よりも、もう一段階、二段階ぐらい上だと思っている。(ホンジュラスと対戦して)イメージすることはできました」

──南アフリカの印象

「ちょっと映像は見させてもらいました。スピードも、もっと迫力があったかなと」

──クラブでも同僚である右サイド(MF堂安律、DF初瀬亮)との関係

「律と亮はだいたい見ていなくても、いるところはわかる。感覚でできる選手が同サイドにいるのはやりやすいですけど、他の選手ともそういう関係を築けていけたら、もっと良い試合ができると思います」

──チームの雰囲気

「雰囲気に関してはリラックスしている。まあ、初瀬を中心に…(笑) 盛り上がっているので、チーム的には良い雰囲気で本大会に臨めるかなと」

──南アフリカとの初戦

「アジアのときもそうでしたけど、初戦ということで固くなりがち。慎重に慎重にっていうのが予想されるけど、失うものはないし、自分たちの良さをアグレッシブに出していきたい。もちろん、守備に回る時間もあると思いますけど、慌てることなく、自分たちの良さを出していきたいです」

──FW久保建英という選手

「彼は、フリーになる動きがうまい。だいたいフリーでバイタルエリア付近にいるので、(ボールを)つけやすいですね」

──いよいよ本大会。チームとしての収穫や自信

「大きい相手からセットプレーで点を取れたことは1つの収穫。もちろん、流れの中で点を取ることも大事だけど、こういう大会だとセットプレーがより大事になってくる。どっちでも点を取れるようにしていきたいです」

──チームのプレーテンポ

「試合をやりながらだけど、前半を見ている限り、『もうちょっと背後を狙っていっても良いかな』と。やっている人にしかわからない感覚はあるだろうし、自分が入ったら背後を狙ったパスと縦パスを心がけようと思っていました」