15歳の久保建英、絶品ループでまたも沸かす!悔しがり方もキュートだった

写真拡大

U-20ワールドカップの開幕に向け、静岡県で事前合宿を行っている日本代表。

15日(月)、エコパスタジアムでU-20ホンジュラス代表との強化試合を行った。

15歳のFW久保建英は、試合終了後に行われたトレーニングマッチから出場。見せ場を作った(01:21から)。

味方選手からのパスに上手く抜け出し、GKと一対一!久保はチップキックでループシュートを狙ったものの、これは惜しくもポストの少し左側を通過…。

ボール一個分のミスに、久保は思わずピッチに倒れ込んだ。「ガクッ」と来る動作を含め、なんだかキュートである。

なお、試合は15分に小川航基が、43分に坂井大将が、そして53分に板倉滉がそれぞれゴールをあげ日本が3-2で勝利。

坂井は遠藤保仁を彷彿とさせる“コロコロPK”を披露した(00:42から)。

とはいえ、32分に失点した場面はなかなかショッキングであり、ディフェンス面の立て直しが早急に求められる。

日本は21日(日)の午後5時から、本大会の初戦で南アフリカと対戦する。