決勝弾のDF板倉滉、武器である高さを出し惜しみせず「立ち位置的に出す場面が無くってしまう」《U-20W杯》

写真拡大

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われた国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦し、3-2で勝利した。

▽試合後、逆転ゴールを挙げたDF板倉滉(川崎フロンターレ)がメディア陣のインタビューに応対。本番直前での良いアピールもチーム内での立ち位置を把握し、謙虚な姿勢を見せた。また、本大会へ向けてしっかりと準備して初戦を迎えたいと主張した。

◆DF板倉滉(川崎フロンターレ)
(C)CWS Brains,LTD.


──今日の試合について

「いつもと違う体の強さであったり、体の使い方で苦しんだ部分はありました」

──左サイドでやられた部分も相手の体の強さか

「あそこは自分がしっかり抑えなくてはいけない場面でしたし、しっかり対応していれば抑えられたと思います。そこは反省して次につなげたいと思います」

──ゴールシーンについて

「良いボールが入ってきましたし、最初からニアに走りこもうとは決めていました。良い形で決めることができました。(途中出場で)入ってすぐでしたけど、自分でも入ったなとは思いました」

──本大会前に良いアピールができたか

「まだまだ自分の立ち位置的には全然スタメンで行けると思っていないです。この合宿でも一日一日が勝負だと思ってやっていました。残りの中でも大切にやっていきたいです」

──セットプレーについて

「結果的に点も取れてるところもありますし、日本と比べると少しマークがルーズなところもあります。そういう隙をついてチャンスをモノにできたら良いかなと思います」

──あのヘディングは隠しておいたほうが良かったのでは(笑)

「僕は早め早めに出していかないと、出す場面が無くってしまうので(笑)」

──大会へ向けて

「チーム全員がやることはっきりしていますし、あとはそこのクオリティを少しずつ上げていくこと。良い状態で良い雰囲気で一戦目を迎えられたらなと思います」

──チームの雰囲気について

「みんな仲が良いです。それがこのチームの良さでもあります。ただ、グラウンドに入ったらしっかりとメリハリをつけていきたいです」

──初戦の南アフリカ戦のポイントは

「緊張感もあると思いますし、相手も映像を観たらやっぱり速くて強いです。ただ、そういうのはアルゼンチン遠征やドイツ遠征で経験しているところでもあるので、どれだけ自分たちが落ち着いていつも通りできるかというところで試合の流れも変わってくると思います」