MF遠藤渓太、共に途中出場となったFW久保建英との連携に手応え「二人で良いジョーカー役にもなれる」《U-20W杯》

写真拡大

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われた国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦し、3-2で勝利した。

▽試合後、MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)がメディア陣のインタビューに応対した。共に途中出場となったFW久保建英との縦関係に手応えを感じた様子。また、「長いリーチの相手でも戦える術というのを身につけていきたい」と主張した。

◆MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)
(C)CWS Brains,LTD.


──今日は途中出場だったが

「ああいう外国人特有の後半落ちてくるという場面で入ったら、自分の特徴は最大限に生かせると思いました。そういう中で、最初のコーナーキックでアシストして良い流れで試合に入れたので、全体的にも仕掛けられたかなと思います」

──良い形からシュートも打ったが

「自分の得意な形で左サイドから仕掛けることができて、良いシュートも打てたんですけど、もう少しコースも狙えたと思います。3本目では、自分的には良い動き出しから良いトラップで最後、決めるだけだったので、ああいうところで本大会はしっかり決めれるようにしたい」

──海外の相手については

「50-50のボールを海外の選手は結構足を伸ばしてもスライディングで一か八かで来ます。そこで最近意識しているのはつま先とかで先に触ること。先に触れれば置き去りにできるし、そういう場面を今日は何度も作れたので、長いリーチの相手でも戦える術というのを身につけていきたいです」

──自身の縦への速さとFW久保建英(FC東京U-18)の緩急つけた動きがマッチしていた印象があるが

「一回止まって、ワンツーとかでも剥がすことができますし、タケ(久保建英)が落ちて、その後の技術は良いものがありますし、預けたら必ず前に来るなというのはありました。今日も良い斜めの関係で動けたと思います。やってて楽しかった部分もあります」

──今日合わせることができたのは大きいか

「そうですね。何度か良い場面を作って左サイドからどんどん仕掛けることができましたし、縦にも抜けてくれるので、本当にやりやすかったです」

──インスピレーションは時間が少ない中でも合うなという感じか

「タケが代表に呼ばれるようになってからはずっとやってますし、結構彼はすぐに『下げずに前を向け! 前を向け』とみんなに言うので、そういう場面でもっともっと前を向けたらと思います」

──刺激を受ける部分はあるか

「恐れずに向かっていきますし、そういうところは自分も見習いたいです。自分とタケの良さは違うと思いますけど、良い感覚で二人でやれれば良いジョーカー役にもなれると思います」