気になる印税収入を推定算出 RADWIMPS『前前前世』サントラだけで5400万円!

写真拡大 (全3枚)

 毎週月曜日18時生放送中のゴシップ情報番組『ゴシップジェネレーション』(AbemaTV)の15日放送回の企画コーナー「気になる芸能人の推定収入」で、芸能リポーターの菊池真由子氏(40)が、RADWIMPS『前前前世』の印税算出結果を発表した。

 同番組は、芸能界のウワサが大好きな若者たち、ゴシップジェネレーションの素朴なギモンにベテラン芸能リポーターが回答するゴシップ情報番組。俳優の南圭介(31)がMCを務め、お笑いコンビ・うしろシティの金子学(34)と阿諏訪泰義(36)が“兄貴分”。そしてこの日の“ゴシップジェネレーション”は、ギャルモデルのちぴたんこと石川千裕(18)、読者モデルの佐藤ノア(19)、そして男子高生 ミスターコン2016準グランプリで現役高校生の那須泰斗(17)の3人。

 

 大ヒット映画『君の名は。』の主題歌として知られる『前前前世』。同映画サントラとしては50万枚出荷されているという。菊池氏は、まず印税の仕組みから解説し、「一般的なCD売上の印税収入は、作詞家に売上の1.5%、作曲家に売上の1.5%、アーティストに売上の1%。(このことから)作詞作曲しているアーティストは、アーティストによって差異はありますが、計4%という計算になります。ここから算出すると、じゃーん! 推定5400万円になります」と発表。

 この結果に、金子は「プラス、カラオケの印税とかありますもんね…」と絶句。「有名曲をもっている人は、それだけで…」と驚嘆した。

「サザンオールスターズの桑田佳祐さんは、サザンの曲も作っているし、ソロの曲も作っている。売上枚数を調べたら、なんと1億1400万枚以上。アルバムもシングルも合わせてなんですけど、仮にCDが1枚1000円と考えて算出すると、推定印税は45億6000万円! これは1000円で考えているから、アルバムとかだともっと高いですから。カラオケとかテレビでの使用料とかも合わせると…。桑田さん、スゲー!!って感じしますよね」(菊池氏)

 スタジオが騒然となった45億以上という数字に、佐藤は「想像がつかない数字なので、莫大すぎて頭のなかがごちゃごちゃに…」と呆然だった。

(c)AbemaTV

『ゴシップジェネレーション』は毎週月曜日 18:00〜19:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

▶︎番組予約はこちらから