「芸術とは何か?」と問われたら、そう簡単に説明できることではありません。

4つの種類のアートについて、電球で説明している作品が話題を呼んでいました。

 

Art : pics


左から、
「壁画アート」「ストリートアート」「グラフィティアート」「アート」

どれもアートではあるのですが、ただ「アート」とだけ説明されたものは右端の作品。

抽象的でシンプルになるほどアート性が高いと見なされがち、ということを説明しているのだと思われます。

しかし海外のネットユーザーからは、「壁画アート」の写実的な電球が最も素晴らしいとの意見も目立っていました。

海外掲示板のコメントを抜粋してご紹介します。

●全てが、そのものがアートだよ。

●まるで公益事業の1950年のロゴ、1980年のロゴ、2010年のロゴのようだ。

↑これがニュージーランドの最も大きなテレコム公益事業のロゴだよ。
[画像を見る]
なんてゴミなんだ。

↑誰のアイデア?

↑きっとピンクのマーカーを持った幼児。

●ハハハ、もうちょっとで「アート」を見落とすところだった。

↑教えてくれてありがとう。

●このビルの所有者にとっては、どれも落書きだ。

●ストリートアートの電球の黄色が、左の壁画アートの電球に反映しているのが気に入った。

↑言われるまで気づかなかった。

↑しかもガラスに色をつけても、ちゃんと背景は透けて見える。もう自分にはどうやってそういう透明度を出すのかわからない。

↑濃い色で塗られると溝は見えにくくなる。

↑グラフィティの光もストリートアートに映ってるよ。

●この電球は自分のお気に入りのグラフィティ・アーティスト、PichiAvo氏のシンボルマーク。
[画像を見る]
(PichiAvo - Art, design, graffiti)


電球でアートの特徴を説明する発想がユニークです。

この4つ全部がそろって1つのアート作品になっていますね。

【「アートとは何かを『電球』で説明したストリートアートを見かけた…」議論を呼んでいた作品】を全て見る