本番へ気を引き締めるDF中山雄太「これが大会じゃなくて良かった」《U-20W杯》

写真拡大

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われた国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦し、3-2で勝利した。

▽試合後、DF中山雄太(柏レイソル)がメディア陣のインタビューに応対し、今日のホンジュラス戦を振り返った。また、世界相手では今までやれなかった場面でやられると本大会へ向けて気を引き締めた。

◆DF中山雄太(柏レイソル)
(C)CWS Brains,LTD.


──前線の動きだしについて

「前線は良い動き出しをしてくれていたので、あとは自分の(パスの)質かなと思います」

──いよいよ本戦

「今日のプレーだとまだまだなので、詰め直してもう一度地に足つけて良い準備をしていきたいです」

──今日のホンジュラス戦でも相手の一瞬の速さを感じたか

「これが世界の、世界大会へ向けての相手ですし、大会に入る前にこういうのが経験できて良かったなと思います。あれが大会じゃなくて良かったなと今は思います」

──失点シーンを含めてJリーグでは無い経験ができたか

「比べるのは難しいですけど、Jリーグの守備ではああいう事故がない中で、そういう状況があるというのも自分の選択肢として増やしていかなくてはいけないです。自分の一瞬の遅れがありました。個人としては大会でもそういうことがあると捉えることができました」

──AFC U-19選手権では無失点だったが、どの辺を見直して本大会へ行くか

「結果的に無失点で終わりましたけど、やられてもおかしくないシーンはたくさんありました。今日はそのシーンがゴールに結びつけられたので、そういう球際や一瞬一瞬のボールなどやられてなかったシーンがやられた試合でした。反復じゃないですけど、練習からそういう意識でやるしかないです」