写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Android Studioデベロップメントチームは5月12日(米国時間)、「Here comes Treble: A modular base for Android|Android Developers Blog」において、スマートフォンやタブレットデバイスに最新のAndroidを搭載するための労力を低減する取り組み「Treble」について伝えた。この取り組みによって、これまでよりも最新のAndroidが新たなハードウェアに搭載されるまでの期間が短縮される可能性がある。

Androidは複数のメーカーが開発するスマートフォンやタブレットデバイスの上で動作する。Android向けのアプリは利用されるハードウェアが異なるとしても、Androidが提供するAPIを通じて動作するようになっており適切に動作するようになっている。ただし、このようにAndroidが動作するためには新しいハードウェアでAndroidが動作するようにAndroid自体をかなり書き換える必要があるとされている。

「Treble」はこうした労力を軽減しようというもので、メーカー向けの機能をシステムにダイレクトに取り込むのではなく、ベンダーが提供するインタフェースでアクセスできるようにして独立して開発できるようにしようというもの。新しいハードウェアの機能を利用する開発などの範囲が狭くなり、より迅速に開発できるようになることが期待されている。

(後藤大地)