現在地からトイレまで案内(トヨタの発表資料より)

写真拡大

トヨタは、同社のスマートフォン向けナビゲーションアプリ「TCスマホナビ」に、全国各地の道路の休憩スポットや公共・文化施設などに設置されている「多機能トイレ」情報の検索やルート案内を提供するサービスを2017年5月15日から開始した。

車いす利用者などの障害者や高齢者にクルマでもっと快適かつ円滑に移動してもらうための無料サービスで、全国約1万9000件の多機能トイレの位置情報を網羅している。

トヨタの同日付発表資料によると、アプリのダウンロードは以下のとおり。

https://itunes.apple.com/jp/app/id1154773775?mt=8(iPhone用)

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.toyota_ms.TcSpNavi(Android用)

高速道路のサービスエリア、パーキングエリア、ハイウェイオアシスをはじめ、一般道路の道の駅、市役所、博物館、美術館、などを対象に「多機能トイレ」の位置情報を提供。まず、利用者の位置付近にある対象施設の位置情報をスマホ画面に表示し、そこまでの最適なルートを案内する。さらに、施設によっては、多機能トイレがある駐車場のバリアフリーの有無、トイレの入口段差の有無、手すり位置・形状など、使いやすいかどうかの詳しい情報が提供される場所もある。