『リベンジ』(左から)エミリー・ヴァンキャンプ、ジョシュ・ボウマン

写真拡大

アレクサンドル・デュマの小説「モンテ・クリスト伯」を下敷きにした大ヒット復讐ドラマ『リベンジ』に主演したエミリー・ヴァンキャンプとジョシュ・ボウマンが、婚約したことが明らかとなった。米E!Newsなどが報じている。

今月11日(木)にエミリーが、左薬指に大きなダイヤモンドの婚約指輪をはめた画像を画像共有サイトInstagramに投稿。自身の顔を両手で覆った写真には、ハートマークの絵文字だけがコメントとして添えられていて、シンプルな表現でジョシュとの婚約を発表している。

2012年1月、『リベンジ』の共演がきっかけで交際をスタートさせた二人は順調に関係を育み、以前のインタビューでエミリーはジョシュについて次のように語っている。「私は素晴らしい恋愛をしているわ。どんな関係においても信頼は最も大切な要素で、信頼があるからこそ全てのことが落ち着くべきところに落ち着くの」と言い、二人はしっかりした信頼関係で結ばれている様子。

『リベンジ』でエミリー演じるエミリー・ソーンことアマンダ・クラークは復讐のためにジョシュ扮するダニエルに近づく役柄で、時には暴力が絡む難しいシーンもあったが、劇中で演じる役柄が実生活に影響を及ぼすことはなかったとも付け加えている。

残念ながら、ジョシュが出演する米ABCの新作ドラマ『Time After Time(原題)』は先月5話で放送打ち切りが決定してしまったが、私生活は幸せいっぱいのようだ。

エミリー&ジョシュ、本当に婚約おめでとう!(海外ドラマNAVI)