イ・ボヨン&イ・サンユン主演ドラマ「耳打ち」視聴率17%で自己最高視聴率を更新!

写真拡大

SBSドラマ「耳打ち」が自己最高視聴率を更新した。

16日、視聴率調査会社のニールセン・コリアによると、韓国で15日に放送された「耳打ち」は17.0%の視聴率を記録した。

これは前回の放送(15.8%) より1.2%上昇した数値で、自己最高視聴率でもある。以前の自己最高視聴率は4月18日の放送が記録した16.0%だ。

この日に放送された「耳打ち」でイ・ドンジュン(イ・サンユン) とシン・ヨンジュ(イ・ボヨン) は、チェ・イルファン(キム・ガプス) をカン・ユテク(キム・ホンパ) 殺人の疑いで逮捕した。続いてイ・ドンジュンは、妻チェ・スヨン(パク・セヨン) をターゲットにした。イ・ドンジュンは法律事務所太白(テベク) の代表になり、本格的な復讐を始めた。

同時間帯に放送されたMBC「逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-」は12.1%、KBS 2TV「ベクヒが帰ってきた特別版」は3.2%の視聴率をそれぞれ記録した。