写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●やっぱり落とすって思うよね
間もなく発売から半年を迎えようとしているAirPods。評判が高く品薄状態が続いている割には街中で見かける機会はあまり多くない気がする。実際のところはどうなのだろうか。2週間ほど使用してみたので、そのレポートをお届けしたい。

○AirPodsとは

AirPodsはAppleが2016年12月に販売を開始したワイヤレスイヤホン。充電器と予備バッテリーを兼ねたケースに収納されており、取り出して耳に装着するとペアリングしたiPhoneに接続される仕組みになっている。

初めてAirPodsの写真を見た時、疑問を抱いた人は多いのではないだろうか。筆者もその一人だ。落とす、なくす、うっかり踏んづける……何度シミュレーションしてみても、その状況が頭の中に思い浮かぶのだ。これ、どうなの? 不安を拭えぬまま、まずは使ってみることに。

○落ちるのはイヤーピースのせいではなかった

もともと筆者はイヤホンというものが苦手である。カセットテープもCDもMDもスキップして最初に使った携帯音楽プレーヤーはiPod shuffle。あの丸いイヤホンをどうすればうまく耳に収められるのか分からず、ぐりぐり押し込んだつもりなのに立っているだけでポロっと落ちてくる現象に悩まされたものだった。

2012年、iPhone 5 発売と同時にAppleの純正イヤホンは「EarPods」という名でリニューアルされ、イヤーピースの形状が大幅に変わった。当時の発表会で「ヒトの耳は生体認証に使われるほど個人個人で形が異なっている。万人の耳に合うイヤホンを作るのは、万人の足にフィットする靴を作るのと同じくらい難しかった」(大意)と紹介されたのが印象に残っている。実際、万人の耳に合うイヤホンは筆者の耳にも合い、生まれて初めて「音楽を聞きながらジョギングする」という体験を得た。ただし、それが全然落ちないわけでもなかった。

そんなことを思い出しながら初めてAirPodsを装着する。片耳に入れると「ふぉん」と起動音が鳴り、iPhoneと接続したことを知らせる。もう片方を入れる。と、普通のイヤホンと何かが違うことを感じる。確かに、耳に何かがはまっている感触はあるのだが、驚くほど軽いのだ。バッテリーが内蔵されている分、イヤーピースの重量はAirPodsのほうが明らかに重いはず。なのに、体感ではAirPodsのほうが軽い。

落ちるのではないかと、そっと首を縦に振り横に振ったがそんな気配はない。ブンブンと振ってみても、立ち上がって歩いてみても変わらない。なんだこれは。なぜこの状態で落ちないんだ。

考えてみれば、イヤホンはコードも含めた重量が耳にぶら下がっている上に、コード全体が揺れや引っ張りなどの作用を受ける範囲になっている。AirPodsはコードがない分全体の重量は軽く、AirPods本体に触れない限り揺れや引っ張りの影響を受けることはない。イヤホンがポロっと落ちる原因は耳にはまっている部分そのものよりも、コードにかかる力がそこに集中することにあったのではないか。また、落ちるほどの力が加わらない時でも、コードの存在が首の動きの抵抗になっていることを、ワイヤレスになってみて初めて感じた。実際の重量以上にそのことがAirPodsの体感重量を軽くしているのだろう。

そんなわけで、驚きをもって使い始めたAirPods。最初は恐々だったが、外を歩いていても、階段を上り下りしても、ジョギングをしても落ちない。結局2週間のうちに一度も落ちることはなかった。

今のiPhoneは(女性は特に)衣類のポケットには入れにくいので、カバンに入れる。イヤホンを使えばカバンと耳の間がコードでつながれる。カバンを下ろす、持ち替える、物を出し入れするなど、動くたびに動作をコードで阻害される。これからの季節、傘を持っていればなおさらだ。また、冬場はマフラーやコートの襟が物理的な障害になって外れたり、イヤホンをしていることをうっかり忘れてコートを脱ぐとiPhoneまで道連れで落としてしまったりする。コードが邪魔だと感じた経験は、おそらく多くの人にあるはずだ。

イヤホンを気にしなくて良いことで得られる自由さは、プールで長く泳いだ後に水から上がるとふっと足が軽い、あの感じに似ている。人間は抵抗に適応していずれ自然に受け入れてしまうものだ。今のイヤホンに不満がないと思っている方も、これはぜひ一度体験してみてほしい。

●以前のイヤホンには戻れない
○AirPodsはブランド体験の価値を上げる名脇役

イヤホン本来の機能、音を聞くということにも触れておこう。音響に関しては専門外なので詳しい説明はできないが、これまで使っていたEarPodsと遜色ないと言っていいだろう。むしろ、AirPodsの軽さもあってより「広い場所」で自然に聞いているように感じられる。遠い音はより遠く、近い音はより近く、リズム・弦・管楽器などの質感の違いもクリアだ。ただし、周囲の音の拾い方もEarPodsと同等かそれ以上のようだ。環境音を遮断して音楽だけに没入したい場合には向いていないだろう。

一方で、ワイヤレスになったことによる損失もある。ひとつはリモコンボタンだ。再生/停止・早送り/早戻し・スキップ・音量調整・Siri、そしてカメラのシャッターボタンと、様々な機能を担っていたEarPodsのリモコンボタン。この中でAirPodsにできるのはSiriを呼び出すことだけだ。Siriの能力が向上したようで、アルバム名やアーティスト名は以前よりだいぶ通じるようになってきたので、音声で聞きたい曲をかけることはある程度可能だ。しかし、一時的に音を止めたり、スキップや音量調整くらいはSiriに頼まずタップのコマンドでできるようになってくれるとありがたい。

もう一つは、バッテリー充電が必要になったこと。ただし、これはケースが予備バッテリーになっているため、収納=チャージという仕組みが救いになっている。ケースの充電量にはかなり余裕があり、筆者の場合ケース側の充電は週に1回、多くて2回くらいで済みそうだ。通勤などで毎日3〜4時間がっつり使っても毎日は必要ないだろう。それよりiPhoneの心配をしたほうが良さそうだ。Bluetooth通信を使用すため、当然ながら有線のイヤホンを使うよりiPhoneのバッテリー消費が大きくなる。次期iPhoneのバッテリー性能向上(とさらなるBluetooth省電力化)に期待せざるを得ない。

イヤホンの性能には関係ないが、最後にもう一つ気になるところを。それは、AirPodsのケースの方。ツルツルした素材に、角の丸いコロンとした形状。シンプルで可愛らしいフォルムだが、何というか、取りつく島がない。iPhone 6/7シリーズをむき出しで持っている時の不安感に近い。日本のメーカーであれば確実にストラップホールを設けたであろう。とにかく何かとっかかりになるものが欲しくて、細工してみたのがこちらだ。

2週間使ってみた実感として、ワイヤレスなりの難点はあるもののワイヤレスであることの価値は確実に大きいと言える。少なくとも、筆者は以前のイヤホンに戻りたいと思えなくなった。スマートフォンが主役ならイヤホンは脇役かもしれないが、名脇役の存在は作品のレベルを高めるものだ。

次期iPhoneに標準でAirPodsが付属するのではないかという噂も聞くが、ブランド体験の価値を上げようとAppleが考えるなら、それくらいのことをしてもおかしくないと思える。品薄が続いているためご注文はお早めに、と言いたいところだが、もしかしたら6月のWWDCで出るかもしれない次期iPhoneについてのアナウンスを待つのもアリかもしれない。

(笠井美史乃)