外資系企業で生き残るための英語法

写真拡大

オックスフォード大学大学院で修士号を取得、ほかにも英国有名校のMBAを持ち、数々の外資系企業で重職を歴任――。そんな山田美樹さんが、自身の仕事術を『外資系で学んだすごい働き方』(プレジデント社)にまとめました。その内容はずばり「すぐに役立つ」仕事術。今回は著書から「英語の学び方」について紹介します。

■職場はビジネス英語のお手本の宝庫だ!

英語の教材として一番おすすめなのは、仕事の現場で使われている英語を使うことです。

大学を出たての新入社員が社会人としての言葉遣いに戸惑うように、英語でも、ビジネスパーソンにはビジネスパーソンとしての英語表現があります。

私もオックスフォード大学大学院を卒業後に就職した会社でまず叱られたのは、「電子メールの文章がだらだら長い。ビジネスメールは研究論文ではない」ということでした。

アカデミックな論文を書ける英語力はありましたが、ビジネスの英語ではなかったのです。

「ビジネスで使う英語ってどんな表現なのだろうか?」と悩みました。

とりあえずは周囲の人の真似をするしかない。そこで毎日、毎日、大量に送信される英文メールをチェックしました。

中にはだらだら書いている人もいて、「これは真似してはいけない例だな」と判断し、簡潔に論理的に、箇条書きで構造をまとめた電子メールを書く人を選んで、お手本としました。

最初は「写経」です。お手本の英文を一言一句真似して書き写しました。そうすると、簡潔な英文のフォーマットがだんだん身体に入ってくるのです。

まずは「お手本」の英文をもとにしたテンプレートを作って、個別な内容だけ入れ替えて書くようにしました。日程調整のメール、お願いをする際のメール、説明をする際のメールなど、テンプレートのバリエーションをいくつかそろえると、ゼロから自分で書くわけではないので業務も支障なく進めることができました。

その後、少しずつ自分らしい表現にカスタマイズして、インストール(パソコンにソフトウェアを入れて使用可能な状態にするように、自分自身に新しい情報を流し入れること)を終了しました。ビジネスでの電子メールはひと通り書けるようになりました。

このように英語を使っているオフィスには、ビジネスで使う英語のお手本がたくさんあります。

電子メールだけではなく、部署内で配られる英文資料などもすべてお手本。英語のできる日本人社員や海外のカウンターパートも貴重なお手本です。レポートの書き方、会議や打ち合わせでの発言の仕方、提案の仕方、反対意見の言い方など、参考になる表現を見つけたらどんどんインストールしましょう。

とにかく実際に仕事の現場で使われているという点が重要です。いま必要な英語表現、仕事で求められている英語表現だからです。どんな状況で発言しているのか文脈もわかるので、真似しやすい。

上司、同僚、海外のカウンターパートのメンバーの英語に耳をすまして、そこからお手本を見つけてはどんどん学んでいきましょう。

■転職後は「インサイダーの英語」に変える

すでにビジネス英語ができる人も、転職して新しい職場に移ったら、その職場で使われている英語にカスタマイズする必要があります。

業界や会社によって、話されたり、メールで書かれたりする表現には違いがあるからです。その会社のカルチャー、家風といってもいいでしょう。

新しい環境に移ったら、そこにふさわしい英語にバージョン変更する。それは新しい環境に一日も早く溶け込んで、高いパフォーマンスを発揮するために、大切なことです。

これまでいくつかの会社で働いてきましたが、会計事務所、金融、コンサルティングファーム、事業会社と業界が異なると、そこで使われている英語表現も微妙に違うのです。

電子メールの書き方も、かなり異なります。たとえば、一つの文の長さと一行の長さに関して、外資系会計ファームは一文が長く、横にも長いものが好まれました。

外資系コンサルティングファームでは文面も箇条書きで書いて、余計なことは書かないのがよしとされました。

ところが外資系事業会社だと、一行の長さは10センチ程度にして、行替えを頻繁に入れることを求められたのです。印刷した場合、内容が一ページ以内におさまるのが望ましいとされました。

文面についても、物事の依頼や〆切りの確認の時は、「お忙しい中、申しわけないですが、これとこれをやってください」という感じで、少し感情を込めたほうがいい。

外資系企業のメールは、「短く、簡潔に」と一般には思われています。そして確かに日本の会社でやりとりされるメールに比べたら、どこも短いと思いますが、それでも会社によって「お作法」はかなり違います。

事業会社で働き始めて最初に書いたメールですが、上司から「言っていることは正しいし、ロジックも合っているけど、第三者っぽい」と言われて、なるほどと納得しました。

「あなたも社内の人なのだから、読んだ人の気持ちなどを考えた内部の人らしい英語にしないとダメだ」とその人からはアドバイスをいただきました。

英文として正しくても、それでよいというわけではないのです。ビジネス英語は第一に「働いているところで使われている英語」なので、社内の英語つまり、「インサイダーの英語」を身につけて使っていくことが大事です。

■「コロケーション」も英文検索で

単語には、よく一緒に使われる組み合わせがあります。

動詞と名詞の組み合わせ、形容詞と名詞の組み合わせ、動詞と副詞の組み合わせなど、単語同士の相性のようなものがあります。

同じような意味の動詞なのに、こちらの動詞にはこの名詞がつくけれども、あちらの動詞につけるとなんだか合わないといったものです。

たとえば日本語でも、「事件が発生した」とはいいますが、「事件が生まれた」とは言わないように、同じような意味でもこの単語にはこの単語がくっつくといった決まりがあります。

こうした組み合わせのことを、「コロケーション(collocation、語と語のつながり)」と言います。特に動詞と名詞の組み合わせは重要です。

英語を話したり書いたりするには、コロケーションが重要なので、単語を覚える時には例文まで調べ、どんな単語とよく組み合わされるのかを知っておきましょう。

「ミーティングの時間を設定する」「出張時期を調整する」など、どのような動詞と名詞の組み合わせになるのか。日本語に引っ張られると、英語としては不自然な表現になってしまうことがあります。

辞書で似たような例文が出ていないか、ネットを検索して動詞と名詞の組み合わせを調べてみてもいいでしょう。

なお、「この表現でいいのか?」と自分で考えた英文が自然な表現かどうか迷う時は、私はGoogleで検索します。

候補の英文をGoogleに“”(かっこ)つきで打ち込んで検索すると、クォーテーションマーク内の英文と同じものが含まれた英文がヒットします。そこで数千万件のヒットがあれば、一般的に使われている表現だと判断できます。

2つ、3つ言い方の候補がある時は、それぞれ検索してヒット数を比べてみます。そこで圧倒的な差があれば、少ないほうは、「違和感のある使われ方なのだろう」と推測することができます。

正しいコロケーションをどれだけ覚えているかが、しっかりとしたビジネス英語を使えるかどうかの試金石になります。

■TEDやYouTube の使い方

英語の会議でもっと印象的に話したい、いつかは心に響くプレゼンテーションをしてみたい、と思っている人は、TEDやYouTubeでお手本となるスピーチを視聴してみましょう。

たとえばスティーブ・ジョブズのスピーチをいくつかじっくり視聴してみるのです。

TEDでは、英語字幕や日本語字幕を設定して見られるので便利です。最初に日本語字幕で内容を把握し、英語字幕にして何回か視聴すれば、英語の表現もいろいろ学べます。

英語字幕を読み、音声を聞きながら、一緒に演説をしてみることをおすすめします。話し方、間の取り方を真似して話し、表情やアクションも真似してみる。そうすると、エグゼクティブの堂々とした立ち居振る舞いや魅力的な話し方がよく理解できます。

コンサルタントとして働いていた時は、社長や経営リーダー層の方にプレゼンする前に、お手本とするエグゼクティブのスピーチを繰り返し見て真似していました。

私の場合は、女性のエグゼクティブのスピーチがとても参考になります。堂々としていてかつ魅力的に話している女性のプレゼンを視聴しながら、どんな声のトーンなのか、話すスピードはどうか、どんな目線で語りかけているか、徹底的に真似します。高校時代に演劇部に入っていましたが、劇団員になったように、全身で真似するのです。

すると、「なるほどここで間をおくことで、聴衆を惹きつけているのか……」といったことがわかります。スピードも少し速くたたみかけて話した後に、一番大事なところはゆっくり話して聴衆の気持ちを高めていくなど、印象的な話し方のリズムや流れが見えてきます。

「自分もこのように話せるようになりたい」と思った人のスピーチは、「完全コピー」するといいと思います。

※本連載は『外資系で学んだすごい働き方』からの抜粋です。

----------

山田美樹(やまだ・みき)
外資系企業社員
1975年埼玉県行田市生まれ、行田市育ち。上智大学比較文化学部卒業後、オックスフォード大学大学院社会人類学修士(M.Phil)を経て、欧州系戦略コンサルティングファームCVA、グローバル会計事務所Deloitteに勤務。その後、ロンドンビジネススクールにてMBAを取得し、組織・人事領域を専門とするコンサルティングファーム、ワトソンワイアット(現Willis Towers Watson)に入社。これまで、大手企業を中心に15年以上、100社以上の経営戦略を実現する組織と、個人のミッションを実現するキャリアの構築を支援し、ハイパフォーマンス人材の発掘・評価も手がける。現在は、大手外資系ヘルスケア企業にて、社内の人事戦略立案、人事課題の解決に従事。共著に、『攻めと守りのブランド経営戦略』(税務経理協会)。GCDFキャリアカウンセラー(Global Career Development Facilitator)、認定レジリエンストレーニング講師。寄稿、講演多数。本書が初の単著。

----------

(山田 美樹)