バイセクシャルで坊主頭の人気女優、シャネルの新ミューズに

写真拡大

『トワイライト』シリーズで知られる女優クリステン・スチュワートが、シャネルの新作香水の顔を務めることになった。

 2013年から同ブランドのアンバサダーを務めているクリステンは、昨年にはガブリエル・シャネルモデルのハンドバッグのキャンペーンに登場しているが、今度はオリヴィエ・ポルジュが監修するレディース香水「ガブリエル・シャネル」の顔を務めることが発表された。

 ファッション業界情報誌のWWDによれば、クリステンは9月に発売予定の新作香水に向けたリンガン・レドウィッジが監督するCMに登場することになるという。

「ガブリエル・シャネル」の香水ラインは、同ブランドにとって15年ぶりの新しい香水ラインとなる。

 そんなクリステンは髪をばっさり切って坊主頭を楽しんでいるが、この劇的なイメージチェンジをする前には、シャネルの上層部からゴーサインをもらわなければならなかったとクリステンのヘアスタイリスト、ブリジット・ブレイガーが話していた。

「クリステンはかなり長い期間、頭を剃りたいと思ってました。仕事があるので、できる機会がずっとなかったんです。一番最近の映画で、彼女のキャラを決める機会がありました。私達はある朝、一緒に取り組み、クリステンが頭を剃りたいって言ったのです。なので、私は『いいわ。俄然やりましょう』といいました。クリステンはびっくりして、『今日できるの?』って聞いてきましたよ。私はシャネルに連絡して、オッケーを出してもらいました」

 『トワイライト』で共演した俳優ロバート・パティンソンと熱愛していた頃は、髪が長く女性らしい雰囲気だったが、ロバートとの破局後なんと女性の新恋人が発覚、髪もショートにしてボーイッシュな雰囲気を醸し出していたクリステン。今回の坊主頭は、映画の役作りのためみたいだが、それにしてもすさまじいイメチェンに周囲もビックリだったようだ。

 すっかりパンクな姿になったクリステンが、女性の憧れであるシャネルの顔としてどのように登場するのか楽しみにしたい。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>