画像

写真拡大

 アサツー ディ・ケイ内の若者マーケッター集団「ワカスタ」と同社の子会社「アクシバル」が新ツール「ワカナビセブン」を開発。同ツールでは、若者を7つのクラスターに分類し、それぞれの特徴に合わせた最適なアプローチ方法を導き出すことができる。

 アサツー ディ・ケイ(ADK)が設立した現役大学生による若者マーケッター集団「ワカスタ」と、生活者調査・データ解析・プランニングの専門会社「アクシバル」が共同で、若年層(18〜29歳男女)の情報拡散の構造をクラスターごとに分析する新しいツール「ワカナビセブン」を開発した。

 昨今の若者は、テレビなどのマスメディア以外にも、SNSを中心とした様々な手段で情報を受信し、発信も行う。その若者の間で効果的に情報を流通させるためのアプローチ方法を解明することをゴールに、ワカスタとアクシバルは今回のツール開発プロジェクトを発足した。

 今回のプロジェクトでは、「ワカスタ」が持つ若年層に関する知見をもとに、生活者の意識・価値観データと購買・メディア接触ログデータ(一部)を統合した「アクシバル」独自の生活者データベースと連携したパネルを活用。若年層特有の意識・価値観や情報行動を解明するための独自調査を実施した。

 調査結果から総合的に分析した結果、若者を“みんな推しミーハー”“内輪ネタリスト”など7つのクラスターに分類した。このクラスターごとに、情報が流通しやすいコンテクストやメディアなどを明らかにするツールが「ワカナビセブン」となっている。

MarkeZine編集部[著]