小川航基【写真:Getty Images】

写真拡大

 U-20日本代表は15日、U-20ホンジュラス代表とエコパスタジアムで親善試合を行った。90分間の試合では3-2の勝利を収めている。この試合で小川航基(磐田)は先制点を決めた。試合後に小川は取材に答えている。

 試合開始して15分、コーナーキックに小川がヘディングで合わせて先制した。この場面について小川は「ストーンって言うか、ニアがちょっと空いてるなって思ったんで」とし「自由に中で話せるっていうのがすごい生きた場面だったんじゃないかなと。やっぱ高さ自信あるんで、いい形だったかなと思います」と語った。

 ホンジュラスと対戦してみて「世界でどれくらいのレベルなのかっていうのは分からないですけど、でもワールドカップに出る1つの国なんで、そこで勝てたっていうのは非常に収穫がありますし、もっともっと内容がよくなるとは思います。ビハインドの中で前向きにトライして逆転できたっていうのは、1つ大きいかなというふうに思います」と語り、手応えを感じたことを明かした。

 試合を振り返り「イージーミスがちょっと前半多くて、そこは改善できると思うんで問題ないですけど、そこはちょっと自分が動き出したところでもっと出してくれる場面っていうか、もっとボールが出てきてもおかしくないような動き出しっていうのを繰り返してたんで、もっともっとボールが出てくれば、得点のチャンスっていうのはもっとあったと思いますし、流れの中で決めたかったっていうのはありますね」と答えている。

 15歳の久保建英とプレーした感想については「プラスだと思いますし、やっぱり悠人と違ったプレーヤーなので、そういった意味ではコミュニケーションというか、コンビネーションがやりやすいっていうのはありますし、やってて楽しいっていうのはありますね。連携面で」と語っている。

 1ゴールを決めることはできたが「やっぱFWは点より勝ることはないと思ってるんで、やっぱ自信になりますし、継続してこれからも。欲を言えば今日も1点だけじゃなくて、2点3点取りたかったってのがありますけど、それは本番にっということで頑張ります」と答えた。

(取材:元川悦子【静岡県】、文・構成:編集部)

text by focus