友達の彼氏を好きになっちゃった……。同じ学校やバイト先なら、ありえない話でもありません。その友達が仲のいい友達であればあるほど、辛くなることもあると思います。今回は、友達の彼氏を好きになってしまった時にどうすればいいのか、その対処法をご紹介します。



まずは“現実から目を背けない”こと


自分の友達と自分の好きな人がラブラブしている姿を見るのは、辛いですよね。しかし、現実から目を背けるのではなく、きちんと“自分の好きな人は自分の友達と付き合っている”という現実を認めましょう。現実から目を背けてしまうと、自分の気持ちばかりを優先しがちになってしまいます。すると、友達の気持ちを考えられなくなるため、傷つけてしまったり嫌われてしまうことも。

アプローチをしたり、二人の時間を楽しんだりすることは普通の片想いならば問題ありませんが、彼女が居る場合は別。しかも、それが友達ならなおさらです。まずは“友達の彼氏”ということを忘れないようにして。

二人のことをよく知ろう
なぜ、二人が付き合うことになったのか。互いのどこが好きなのか。二人が付き合っている理由をよく考えてみることも大切です。何も知らないままだと“自分の方がふさわしい”などと過剰に考えてしまい、冷静な判断ができなくなってしまいます。二人が付き合っている理由を知ることで、自分に足りない部分が見えてきますよ。

誰にも見られないSNSに書き込んで、気持ちを落ち着かせるのもあり



叶わぬ恋ほど、気持ちが盛り上がってしまうこともあります。しかし、友達の彼氏を好きになってしまった場合は、“好き”という気持ちが強くなりすぎて暴走してしまうと、友情が壊れたり周りから非難されたり、さまざまなトラブルを生みかねません。かと言って、なかなか周りの人には吐き出しづらいですよね。あなたに略奪する気がなくても、そういうふうに捉えてしまう人もいないとも限りませんから。

おすすめは、鍵付きでリア友のフォロワーが誰もいないようなSNSアカウントに、自分の思いの丈をぶつけてみましょう。自分の気持ちを文章にすることで、モヤモヤしている気持ちが落ち着きます。またそれだけでなく、自分が本当に好きなのか、なぜ好きなのか、友達のことはどう思っているかなど、気持ちの整理もできるでしょう。

裏アカ以外はNG
“匂わせ”という言葉がありますが、これは「分かる人には分かるかも?」というような意味深な投稿のことを言います。リア友とつながっているアカウントや誰でも閲覧できるようなアカウントで、この“匂わせ投稿”をするのは絶対にやめましょう。「気付かれたくない、けれど気付いて欲しい」という、微妙な恋心はわかります。しかし、こう言った投稿をしてしまうと“メンヘラ”に思われたり、周りの友達に気付かれて関係がこじれることも。自分の想いをぶつけるのなら、気兼ねなく発言できる鍵付きの裏アカウントが適切なのです。

他の男性にも目を向けてみて



先ほども言いましたが、叶わぬ恋ほど燃え上がってしまうもの。フラれたり失恋で終わった恋の方が引きずってしまう、という経験があるのではないでしょうか。好きな相手のことを嫌いになって終わらない限り、相手を美化し続けてしまうので仕方ないことではありますが、それではなかなか前に進むことはできません。
なので一度、他の男性にも目を向けてみてはどうでしょうか。合コンへ行ってみたり、別の友達に紹介してもらうなど、好きな彼以外にも好きになれるような人を無理やりにでも探してみましょう! 案外、あっさりと彼のことを忘れられるかもしれませんよ。

適当に関係を持つのは止めよう
彼を忘れたいからとはいえ、自暴自棄になって好きでもない人と多数の関係を持ってしまうのは避けて。周りから軽い女子と思われてしまえば、あなたの今後の恋愛の足かせになってしまうかも。他の人に目を向けるということは、適当に誰かと関係を持つということではないということは覚えておきましょう。

それでもダメなら友達に打ち明けてみよう


それでも、どうしても彼を諦めきれない。友達にも周りの人にも何を思われてもいい。そのくらいの覚悟がある人は、思い切って彼の彼女である自分の友達に一度打ち明けてみて。好きになってしまったものは仕方がないこと。真剣に友達に打ち明ければ、もしかするとなにかしら解決策がでてくるかもしれません。

横取りは絶対にダメ!
「友達や周りに何を言われてもいい」今はそう思うからといって、彼女である友達にも告げずに彼に告白するのは絶対にNG。周囲のたくさんの人から信用を失ってしまいます。また、告白が成功する確率は極めて低いですし、たとえOKをもらえたからといって、彼女がいるにもかかわらず告白を受けてしまうような人とあなたはこの先も一緒にいたいと思えますか? きっと自分も友達と同じような仕打ちを受けるかもしれない、と日々不安で過ごすことになるはずですよね。

恋愛にルールはなくても、最低限のマナーはあります。一時の感情で一生ものの友達を失わないようにしましょうね!
(彩香)