ギレンホールとカンバーバッチが共演か

写真拡大

ジェイク・ギレンホールとベネディクト・カンバーバッチが、新作「リオ」で共演する可能性が出てきた。

ジェイクとベネディクトは現在スタジオカナル製作の新作へ出演交渉を行っているところで、ブラジルのリオデジャネイロに暮らす友人(ベネディクト)を訪れたあるレポーターの男性(ジェイク)が、友人が亡くなったという嘘の陰謀に巻き込まれていく物語となっている。

ザ・ヴァラエティによると、ジェイクは自身のナイン・ストーリーズ・プロダクションズ、ベネディクトも自身のサニー・マーチ・カンパニーを通じで、同作の製作にも携わる可能性があるようだ。

同作は「堕天使のパスポート」でアカデミー賞脚色賞のノミネート経験もあるスティーヴン・ナイトによる脚本を基に、「ミラノ、愛に生きる」「胸騒ぎのシチリア」などで知られるイタリア人監督ルカ・グァダニーノがメガホンを執る。