浅草の雷門。地元の店はインバウンドで潤っているのか?


 5月の連休、東京・浅草は多くの人出で賑わった。仲見世は大混雑で、もはや立錐の余地もないほどだ。もともと浅草は国際的な観光地だが、外国人観光客はますます増えた。

「平成26年度台東区観光統計」の推計によると、2014年に年間326万人の外国人観光客が同地区を訪れた。2016(平成28)年には2014年比で1.7倍の外国人客が日本を訪れたことからすると、単純計算で今や年間550万人を超える外国人客が浅草を訪れていることになる。

浅草での行動半径を広げる外国人観光客(筆者撮影、以下同)


 浅草界隈で外国人客が多く訪れる場所といえば雷門や観音堂、仲見世などだが、近年は行動半径が広がっている。地元客しか行かない“昭和の酒場”のような場所にも外国人観光客が姿を現すようになった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

浅草での商売は甘くない

 場外馬券売り場の「WINS浅草」に隣接する飲み屋街「初音小路」もそんな場所の1つだ。雰囲気は庶民的でいかにも地元の客向けの居酒屋だが、「外国人客も取り込まなくては」という意識が出てきたのだろう、英文表記のメニューを置く店も増えてきた。インバウンド効果は浅草の隅々まで行き渡っているようだ。

外国人客が増えた「初音小路」


 創業45年という居酒屋の店主に「浅草も外国人客でだいぶ潤っているようですね」と話しかけてみた。すると、意外にも次のような言葉が返ってきた。

「浅草が潤っているという実感はないね。英文で対応しても、外国人客なんてほんの一握りだよ。流行っている店だってほとんど耳にしない。唯一頑張っていると言えば『ホッピー通り』ぐらいかな」

 伝法院の前を西に進み、右折すると、そこが「ホッピー通り」だ。かつては在日朝鮮人がひっそりと生活する場所だったというが、今では一大観光スポットに生まれ変わった。軒先に丸椅子を出して、青空の下でホッピーをあおる。そんな下町の開放的な雰囲気に引き寄せられて、外国人客が足を運んでくる。

 実際に浅草寺の周辺では、インバウンド消費を取り込もうと様々な店の進出ラッシュが続いている。ドラッグストアや免税店などに加え、天然石を売る店や地方のかまぼこを売る店など、浅草とはほとんど関連性のない店も少なくない。圏外からの資本参入が増えたのに伴い、「ここ数年で店舗賃料の相場はかなり上昇した」(地元の不動産業者)という。

 だが、浅草での商売は決して甘くない。先の店主は、「儲かると思って浅草に参入しても、なかなか長くは続かないよ」と、見た目の賑わいだけを見ていては分からない厳しい実態を教えてくれた。

手放しで喜べない「外国人客の増加」

 かつての呼び名は「浅草六区」。1884年(明治17年)に6つの区画に分割されたことから、いまなお「ロック」の俗称で呼ばれるこのエリアには、「浅草ROX」「まるごとにっぽん」「ドン・キホーテ」「リッチモンドホテルプレミア浅草」といった商業施設やホテルが集まる。さらに界隈では、2020年の東京五輪を前にホテル建設が加速している。

「世の中、『東京五輪だ』『インバウンドだ』って騒いでるけどさ、うちは恩恵を受けているとは思わないね」と店主は語る。

 というのも、欧米人であれアジア人であれ、外国人観光客は思いのほか消費しないからだそうだ。むしろ財布のひもは固いともいう。

 周辺のホテルも、外国人客の増加を喜んでいるわけではない。外国人客が部屋を汚したり、備品を持ち帰ったりするのはしょっちゅうだ。中には、湯沸かしポットを鍋にして即席ラーメン作る客もいたそうだ。浅草のある風俗店では「国籍によっては行儀が悪すぎるので、入り口でお断りすることもある」という。

 浅草六区界隈はインバウンドで大いに潤っていると思いきや、決して手放しで喜んでいるわけではない。

「だから、静かにしていてほしい」

 店主は、東京オリンピックがもたらす特需よりも、むしろその先を心配しているという。「五輪終わったらどうなる? この辺りではみんなそっちを心配しているね」。

 実は、浅草にはトラウマがある。1964年(昭和39年)の東京五輪が終わると、浅草経済は大きく落ち込んだのだ。テレビの普及によって、浅草の劇場や映画館に人が集まらなくなったことも大きな要因だった。

 当時の浅草の雰囲気は『浅草六区はいつもモダンだった』(雑喉潤著、1984年、朝日新聞社刊)に詳しい。この本には、「まるでウソみたいな六区」と言われるまでに活気を失った昭和40年代の浅草の様子が描かれている。

 店主はこう続ける。「だから、なるべく静かにしていてほしいんだよ」。

「今はみんなハイになって、東京五輪に向けて外国人需要を取り込もうと盛り上がっている。ホテルがどんどん建って、新しい店も増えているけど、五輪が終わればみんな撤退してしまうよ。そのとき、五輪の“後始末”をするのは残された地元の店なんだよ。だから昔からこの土地にいる人間は、五輪だの外国人客だのと騒いじゃいない。五輪の後にどうなるのか、みんな知っているから」

 ちなみに、東京五輪後の浅草六区の落ち込みを復活させたのは、場外馬券売り場の建設だったという。

 時代の移り変わりの中で浮き沈みを余儀なくされた浅草六区。地元の変遷を知る当事者からの貴重なメッセージである。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:姫田 小夏