ヤンゴン中央駅で鉄道の利用者にインタビューを行う撮影陣。左から川上ディレクター、安東カメラマン、千葉さん、そして通訳を務めた秘書のエイミン


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

お祭りの日の駅で

 「ダザウモン」と呼ばれる11月の満月は、ミャンマーの人々にとって、雨期明けを告げる10月の満月「ダデンジュ」に続く大切なお祭りだ。

 お寺(パゴダ)の境内では、お坊さんに寄進する袈裟を一晩で織り上げるコンテストが行われたり、地方ではロウソクをたいた風船を空に飛ばすイベントが開かれたりするという。

 これからみんなでお参りか縁日にでも出かけるのだろう、ロンジーと呼ばれる伝統的な巻きスカートと、そろいの布で仕立てたトップスに身を包んだ少女たちが、駅のベンチに腰掛け、おしゃべりに興じながら列車を待っている。光沢のある黄色や青色の布地や、流行りのチェック柄をあしらったデザインにも、彼女たちの高揚感が溢れているようだ。

 駅舎の外に出ると、今日のためにどこかに設置されたらしいスピーカーから、男性ボーカルの軽快な曲が繰り返し流れている。歌詞の意味は分からないが、甘ったるい歌声がいかにもラブソングっぽい。

 時折、楽し気に踊る若者たちを荷台に乗せて走り去るトラックからも同じ旋律が聞こえてくることから察するにかなりの人気歌手なのだろう。とはいえ、これだけ何時間も1つの曲を聞かされていれば、特にファンではないどころか、歌手の顔すら知らない筆者の頭にも否応なしにメロディーが刷り込まれそうだ。

 思わず口ずさんでいる自分に苦笑しながらホームに戻ると、そんな平和な昼下がりにおよそ似つかわしくない、険しい表情を浮かべた男性が2人、時折空を見上げながら話し合っていた。

 「影が強過ぎますね」「さっきまで良かったんですが、また日が出てきましたね」「仕方ありませんね、少し待ちますか」――。

 スタジオヒダカの川上隆ディレクターと、安東泰夫カメラマンだ。

 2人は、国際協力機構(JICA)の調査団から委託を受け、日本の協力で進められているヤンゴン環状鉄道の改修事業によって、今後、列車の乗り心地や車内の設備、速さ、駅などがどのように変わるのか、ヤンゴンの人々に伝える広報用の動画を制作するために、日本から撮影にやって来た。

 特に、今回の撮影に先立ち、環状鉄道と同じように日本の協力が進められているヤンゴン〜マンダレー間の幹線鉄道の改修事業に関する広報用動画も制作した川上さんは、今回、1年ぶりにこの国に来られたことがとても嬉しそうだ。

 「せめてこの待ち時間の間に撮っておけるものはないか」と、安東さんが三脚を立てカメラを構えるたびに、狙ったようにその先に入り込んではわが物顔に寝そべってみせる1匹の犬を追い立てながらもどこか楽し気な川上さんを眺めながら、思わず口元がほころぶ。

息の合ったコンビネーションを見せた川上ディレクター(左)と安東カメラマン


暑さに負けないプロ意識

 環状鉄道には、全部で38の駅がある。その中で、2人が撮影初日にこのミンガラドン駅に撮影にやって来たのには理由があった。

 ダウンタウンにあるヤンゴン中央駅が時計の6時の位置にあるとすれば、11時の位置に相当するここミンガラドン駅は、ヤンゴン空港からほど近く、周囲にはゴルフ場や工業団地が広がる。

 特に工業団地は、例えば日系の縫製企業ハニーズが3つの工場を構えるなど、日緬の看板事業としてティラワ経済特別区(SEZ)の開発が始まる前から海外投資の受け入れ先として重要な位置を占めてきただけあって、最寄駅のこの駅も、1日約2100人の乗降客数(2013年、JICA調査)を誇る主要駅の1つとなっている。

 将来的には、駅前にタクシー乗り場や駐車場が整備され再開発が行われるほか、ホームも今よりかさ上げされ、列車の乗降がよりスムーズになる計画だという。

 そんな改修後のイメージを分かりやすくヤンゴンの人々に伝えようと、川上さんは今回、ある工夫をすることにした。

 単に現在のディーゼル車両の実写映像と新たに導入される電気式ディーゼル気動車(DEMU)の画を並べたり、速さの違いを数字で比べたりするだけではない。

 コンピューターグラフィクス(CG)の人形にミンガラドン駅からヤンゴン中央駅まで旅をさせ、人形の目を通じて駅舎やホーム、車内の様子や車窓の風景を描くことで、見る人にも改良後の環状鉄道の旅を疑似体験してもらうことにしたのである。

 そんなわけで、ベース画となる映像を撮影するために、昼過ぎからミンガラドン駅にやって来た川上さんと安東さんだったが、思っていた以上に日が強く、樹々の影がホームや駅舎の壁にくっきり出ているため、日が少し陰るまで「待ち」を強いられているというわけだ。

 「葉の影は加工技術である程度は消せるのですが、これだけくっきりと映っていると、CGでも一つひとつ再現しなければならず大変なんです」と川上さん。晴れてさえいれば撮影ができるというわけではないようだ。

 陽射しとの闘いは翌日も続いた。「列車が行き過ぎてもしばらくfixで撮ってください」「1回で撮らなくていいので、ここにCG列車が走るんだろうなっていう画を、何本かロングで欲しいです」「バーがぐっと動き出した瞬間の画も一発欲しいですね。フルじゃなく、先っぽがある感じで」。

プラットフォームが低く、列車の乗り降りが不便だという声はインタビューでも多く寄せられた


 市の中心部から1時間ほど車を走らせたイーストダゴン地区にあるチャンシッター踏切に、きびきびした川上さんの声が響く。それに呼応し、黙々とカメラを構える安東さん。

 現在、手動で開閉が行われている踏切も自動式に変わるため、改良後のイメージ映像として2015年に日本が無償資金協力によって整備したこの踏切を撮影しに来た2人は、この日、列車の接近に伴い自動で警報装置が鳴り、バーが降り始める様子を繰り返し撮り続けたほか、通過する列車にさまざまな角度からカメラを向けた。

 列車と列車の間隔が40分以上空くこともあったし、秋深まる東京との気温差は相当身体に応えているに違いないが、一言も弱音を吐かず、チャンスを逃すまいと、炎天下、3時間あまりにわたりスタンバイと撮影を繰り返す2人。

 照り付ける陽射しに負けないプロフェッショナルとしての気迫とプライドがその姿から立ち上ったような気がして、一瞬、暑さを忘れて目を奪われた。

動画広告とタイアップ

 2016年末、待ちに待ったニュースが飛び込んできた。川上さんが1年前に制作したヤンゴンとマンダレーを結ぶ幹線鉄道の改修事業に関する広報用動画が、環状鉄道の一部車内で流れ始めたのだ。

 この実現には、ある日系企業の全面的な協力があった。ベトナムなど東南アジアで広告事業を手掛ける清工舎。2013年よりミャンマーにも拠点を構え、ヤンゴン市内の目抜き道路脇に立つ看板を対象に広告事業に乗り出した。

 特に、同年、首都ネピドーで東南アジア競技大会(SEAGames)が開催された際にネピドー駅構内で手掛けた柱や掲示広告が好評だったことから、ミャンマー国鉄(MR)より何か後継事業をやってほしいと打診を受け、新規事業を検討。

 2016年5月から、まずは1年間の予定で環状鉄道の車内広告事業を試験的に開始した。 試験的とはいえ、その挑戦は本格的だ。

 車内広告の定番とも言える吊り広告を飛び越え、いきなりビデオ広告の導入に踏み切り、各車両の前と後ろに1台ずつモニターを設置し、クライアント企業のPRビデオを流すことにした。

 日本の山手線に付いているモニターのようなイメージと言えばいいだろうか。設置はさしあたって1編成10両だけだが、今後、クライアントが増えていけば、路線を増やしていくという。もちろん、この国では初めての試みだ。

環状鉄道の車内に設置されたモニター画面


 このモニター車両が動き始めたと聞き、JICA調査団がヤンゴン〜マンダレー幹線鉄道の広報用動画を車内で流してもらえないかと最初に同社に接触したのは9月のこと。10月には調査団を率いるオリエンタルコンサルタンツグローバルの長澤一秀総括も同社を訪れ、アウンタンウー社長と面会した。

 自身も10年以上にわたり日本に滞在していた経歴を生かし、広告業のほかにも、旅行業や日本語教室、会社登記の支援など幅広い事業を手掛けるアウンタンウー社長の「日系企業として、日本の協力をミャンマーの人々に知ってもらうお手伝いができるなら喜んで協力します」という言葉なしには、このタイアップが実現しなかったことは言うまでもない。

「なかったこと」をビジネスに

 年が明けて2017年1月1日、ヤンゴン中央駅からモニター車に乗ってみた。環状鉄道ならてっきり6番線か7番線から出るだろうと思い込み、朝からスタンバイしていたのだが、いつの間にか2番線に入線していることに気付かず、少し焦った。

 発車直前になんとか乗り込むことができたのは、「モニター、モニター」と一緒に探し回ってくれた親切な駅員たちのおかげだ。10時半過ぎ、まだ車内はがらがらだ。

 ほっとして隣の車両に目をやると、モニターの真ん前に陣取り、画面に見入っている親子が目に入った。嬉しさが込み上げる。

 4つ目のタームウェ駅を過ぎたあたりから人が増え、乗客も、膝に頬杖をついてじっと画面に見入る若者から、ちらっと見てすぐに目を閉じる男性、おかまいなしにおしゃべりを始める女性など、反応はさまざまに分かれた。

 イエグー駅まで来るとほぼ満席になり、立ち客もちらほら見られ始めた。窓全開で走るため、列車の振動や金属音などで、ナレーションや音楽は残念ながらほとんど聞こえない。

 駅のホームと市場が一体化していることで知られるダニンゴン駅まで来ると、空のカゴを手にした女性たちが一勢に降り、代わりに野菜や果物を抱えた女性たちが乗り込んできて、乗客はほぼ入れ替わった。

 通路に人が立つと、椅子に座っている客はまったくモニターを見ることができないが、代わりに手持無沙汰な立ち客が、見るとはなしにモニターを眺めている。

 もっとも、清工舎のこの新規事業も、順風満帆というわけではない。現在、環状鉄道をはじめ、MRが保有している車両のほとんどは老朽化が著しい。

ヤンゴン中央駅に設置された看板広告の募集


 日本から譲渡を受けた中古車両をMRなりに整備しながら運行にあてているものの、清工舎がモニターを設置した車両自体が走行不良になることもあるという。

 「運行スケジュールもたびたび変わるため、モニター車が何時にどこを走っているのか、われわれですら把握が難しい」とアウンタンウー社長も苦しい胸の内を明かす。それでも、鉄道が改良された先を見越し、新規のビジネスチャンスを見出だそうとしているのは、清工舎だけではない。

 最近、ヤンゴン中央駅のベンチが汚れにくいステンレス製に代わったり、駅裏の陸橋が改修されたり、広告募集の看板が設置されたりしているが、これを手掛けているのは、ハローコミュニケーションズという日系企業だ。

 ゆくゆくは、駅構内でのカフェ事業など、いわゆる駅ナカビジネスも視野に入れているという。日本コンサルタンツ(JIC)も、ネピドーでMR職員に研修を行った際、東京駅周辺の案内地図に掲載企業の広告を載せている事例などを紹介しており、MR側の広告収入への意識も高まりつつあるが(参照)、「今までなかったこと」に果敢に挑み、事業化を目指す企業には感服するばかりだ。

 ふと、今回の川上さんと安東さんの撮影に立ち会ったオリエンタルコンサルタンツグローバルの千葉俊也さんの言葉を思い出した。

 大学時代は土木を専攻し、ゆくゆくはプラントエンジニアとして、化学や土木技術者などさまざまな専門分野の人々をマネジメントする仕事に就くことを志していた千葉さんだが、昨春入社し、環状鉄道の調査に従事する中で、鉄道にもプラントエンジニアリングに通じる面白さを感じるようになったと言う。

 「例えば、列車の速度を上げようとするだけでも、信号システムや車両、バラスト、安全対策、フェンス、環境問題など、さまざまな要因を考慮する必要があります。いろいろな技術が集まったシステムをトータルマネジメントしたいという夢は、今も変わっていません」と意気盛んだ。

 そんな千葉さんの言葉にあえて付け加えるなら、鉄道事業に関わっているのはエンジニアだけではない。

 新しい鉄道の姿を利用者に伝える川上さんたち「映像屋」や、乗客と企業を広告によってつないで鉄道事業を活性化するアウンタンウーさんたち「広告屋」もまた、鉄道事業を盛り上げる重要なアクターだと言えよう。

 生まれ変わろうとする環状鉄道を巡って、人々の挑戦は正念場を迎えている。

(つづく)

筆者:玉懸 光枝