タイ・バンコクの夜景


 当社の顧客として長くお付き合いさせていただいているタイ人のAさん(58歳)という方がいる。ミャンマー生まれで、現在はタイのバンコク在住。特許申請の可否をグローバルに調べるソフトウエアの開発、販売で財をなし、バンコクやシンガポールでレストランも経営している。

 今回はAさんへのインタビューを通して、アジア富裕層が何を考えているのか、アジア富裕層とどう接していけばいいのかをご紹介したい。蛇足ではあるが、レストランオーナーという仕事が関係しているのか、Aさんが貯蔵するワインは4000本を超える。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

すぐに辞めてしまう日本人

「日本には、年に何度か出張で行きます。宿泊は六本木のグランドハイアット東京と決めています。料金の割にとてもいい場所にあるからです。

 妻を連れていくことも多いのですが、彼女は1人で京都や神戸に遊びに行くのが好きなのです。その際、付き添いのツアーオペレーターがいらないくらい日本は安全ですよね。そこが日本の一番いいところではないでしょうか。

 ビジネスに目を向けると、日本のビジネスマンは基本的に能力が非常に高いと思います。海外で起業すれば成功するだろうなと思う人にもよく会います。しかし、営業マンとして働いてもらうのは大変です。こちらがかなりいい条件を出しても断られてしまいますし、働いてもらったとしても、目標が達成できないとすぐに辞めてしまう人がたくさんいるからです。5年も頑張ればカントリーマネジャーになれるのに、5年どころか1年ももたない連中が多い。特に男性にその傾向が顕著ですね」

 例えばAさんが所有するバンコクのレストランのマネジャーは、その店で7年働いているドイツ人だ。また、シンガポールの店のシンガポール人のマネジャーは12年働いている。2人とも仕事は大変そうだが、日本で同様の仕事をする人からみれば羨ましいほどの年棒とストックオプションを与えられている。

 Aさんが語る“日本人ビジネスマンがいない状況”は、現在あるいは将来の日本のビジネスへの警鐘と言えるかもしれない。

 タイに限らずアジア富裕層のほとんどはコングロマリット的なビジネスオーナーが多く、マーケットを当初からアジア全域に考える傾向がある。日本マーケットももちろん重要なターゲットである。

 しかしながら、アジア富裕層が経営する会社のカントリーマネジャーになった日本人は少ない。日本のことを知っている日本人が会社にいないため、日本マーケットへの参入が消極的になってしまう。アジアマネーを取り込めないという点では、日本のビジネスにとっては完全にオポチュニティーロスにつながっているし、将来のビジネスも開けない。

ナースと保育士の争奪戦に?

 他方、Aさんは日本人女性の可能性に大きな期待を寄せる。

「日本のナースと保育士は素晴らしい。特にナースは間違いなく世界一のレベルだと断言できます。

 でも、よくよく聞いてみると、日本では女性の労働環境にずいぶん問題があるそうじゃないですか。子供を保育園に入れられず、働けない女性が大勢いると聞きます。しかも保育士の労働環境も整っているとは言えないようですね。

 私の母国ミャンマーでは、これから病院や保育園がたくさん建設されます。優秀なナースや保育士はノドから手が出るほど欲しい状況です。ミャンマーの医療を整備するために、私はこの分野で協力してくれる企業を日本で探しているところです」

 バンコク中心部のみならず北部回廊(ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマーをつなぐ高速道路の建設計画が着々と進んでいる)付近は、タイの通貨であるバーツ経済圏になるとされている。バーツ経済圏の拡大は同地域のビジネスをより活発なものにし、富裕層もどんどん増えていくことが予想される。

 そのような経済圏の中で、保育士とナースが必要とされている。日本でも人手不足が社会問題になっている職種だ。

 今後、優秀な保育士とナースは、国境を越えて世界中で奪い合いになる可能性が高い。戦後、日本企業がどんどん海外進出したのと同様に、海外で働く保育士とナースも増えていくことだろう。アジア富裕層資本が日本の優秀な労働リソースを引き抜く現象も起きていくはずだ。すると、アジア各国の労働リソースバランスが改善されていく一方、日本はますます人材不足に陥っていくことになる。そうした状況にならないように、日本は優秀な海外の労働リソースを惹きつけることができるだろうか? インタビューは短いものだったが、Aさんの日本に対する意見は的を射るものが多かった。

アジア富裕層の“弱点”を見つけよ

 さて、アジア富裕層マーケティングでは、彼らが行っているビジネスのことを考え、どうすれば日本にある知恵やリソースで彼らの問題点を解決できるか、という視点が最も大切である。

「アジア富裕層はつかみにくい」と思っている人は多いかもしれない。しかし、「彼らのビジネスの悩みを解決する」ことを考えていけば、アジア富裕層をつかむための様々なブレイクスルーが見つかっていくことだろう。そのためには、相手の“弱点”をよく知ることだ。ほとんどのアジア富裕層に、弱点は存在するものだ。

 2017年6月2日に一般財団法人企業研究会からの依頼で「アジア富裕層マーケティング概論 〜アジア圏富裕層の特徴を押さえれば次の一手がみえてくる〜」と名付けた講演を実施する(詳しくはこちら)。今回言及したことにも触れたいと思うので、ご興味があれば参加してみていただきたい。

筆者:増渕 達也