アイルランドの国宝「ケルズの書」が題材のファンタジー (C)Les Amateurs, Vivi Film, Cartoon Saloon

写真拡大

 「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」のトム・ムーア監督のデビュー作「ブレンダンとケルズの秘密」の予告編と日本版ポスタービジュアルが、このほど完成した。第82回アカデミー長編アニメーション賞にノミネートされた本作の、繊細で美しい映像世界を垣間見ることが出来る。

 アイルランドの国宝「ケルズの書」を題材にした冒険ファンタジー。魔法の森へと旅立った少年修道僧ブレンダンが、妖精の少女アシュリンとともに、知恵と力が秘められた「聖なる書」を完成させ、世界に光を取り戻そうと奮闘する姿をつづる。

 予告編は、魔法の森の神秘的な美しさ、森に潜む危険という相反する要素を、幻想的な映像美で描き出す。ダブリン大学図書館に350年間に渡り保管されてきたケルズの書。「世界で最も美しい本」と謳われる同書の要素を映像世界に落とし込んだ本作は、美しいケルト模様が浮かび上がり、万華鏡のように動き出すシーンなど、独自の映像表現が見る者を圧倒する。一方、ポスタービジュアルは、アイルランドのシンボルカラー・緑が全面に使用されており、青色を基調としていた「ソング・オブ・ザ・シー」のビジュアルとは対象的な仕上がりだ。

 フランス、ベルギー、アイルランドの合作映画「ブレンダンとケルズの秘密」は、日本・アイルランド国交樹立60周年記念作として、7月下旬から東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開。