Appleは現地時間5月15日、iPhone、iPad、iPod touch向けにiOS10.3.2をリリースしました。
 
最新版iOSはバグの修正や、パフォーマンスおよびセキュリティの向上が中心となっているようです。

WWDCで発表見込みのiOS11に注力か

Appleは3月に、「AirPodsを探す」機能の追加、新ファイルシステム「Apple File Sysytem (APFS)」への変更などを行ったiOS10.3をリリース、4月にはバグ修正とセキュリティ向上を中心としたiOS10.3.1をリリースしています。
 
iOS10.3.1に引き続き、今回のiOS10.3.2もマイナーアップデートであり、Appleは6月5日から開催される世界開発者会議(WWDC)2017での発表が見込まれる、iOS11の開発に力を注いでいるものと思われます。
 
なおAppleは同日、macOS Sierra 10.12.5、watchOS 3.2.2、tvOS 10.2.1もリリースしています。
 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)