久々の対外試合にMF原輝綺「まだまだだなと感じさせられた」《U-20W杯》

写真拡大

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われた国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦し、3-2で勝利した。

▽試合後、MF原輝綺(アルビレックス新潟)がメディア陣のインタビューに応対し、同試合で見えた課題について言及。また、久々の対外試合にまだまだ課題が多いと悔しさを滲ませた。

◆MF原輝綺(アルビレックス新潟)
(C)CWS Brains,LTD.


──所属クラブでは左サイドバックをやっているが、代表ではボランチをやっていて徐々に慣れてきているか

「いやそういうの関係なくまだまだ課題も多いですし、まだやらなくてはいけないと思います」

──DF板倉滉(川崎フロンターレ)がボランチをやったりと競争は激しくなっているが

「自分はまだ課題も多いです。ポジション争いをしつつ、盗めるところをしっかり盗んでいければ帰ってからもチームで生かせると思います。まずはこのポジション争いに必死に食らいついていくというのが今やるべきことだと思います」

──今日は2列目を捕まえづらかったか

「相手の18番はうまかったし、そこはボランチ二人でもう少し捕まえられたら良かったなと思います。そこは試合中、前半の中で修正できなかったのが一個課題かなと思います」

──今日の役割は

「(坂井)大将くんは前でも絡めるので、自分はどちらかと言えばアンカー気味でバランスをとりながらやっていました」

──MF坂井大将(大分トリニータ)がボールサイドに食いついた時のギャップを突かれていたと思うが

「出させて奪うというはあると思いますけど、今日は少し絞りが甘かったかなと思います。自分がもっと絞るなら下がって、もうひとつ出てこれればやられなかったのかなと思います」

──本番に向けてボランチの改善点は

「ボールを持った時に堅めてくる相手に対してどうやってうまく間を突くかだったり、シンプルに裏を使ったりしても良いのかなと思います。守備ではもう少し2列目の間をコンパクトにして間をやられないようにしていくことは必要だと思います」

──ボランチをやる際に左サイドバックの経験を生かせることはあるか

「サイドバックをやってて、ボランチで生かせることはあまりないと思いますね(笑)。時間はないですけど、徐々に慣れていければ」

──J1で多く出場機会を得ている数少ない存在だが

「いろいろな経験をさせていただいてますけど、総合的に自分より上手い選手はもっといるので、そういう選手たちを見習わなくてはいけないところが多々あります。そういうところを盗んでいけたらと思います」

──今日は一瞬のミスからやられてしまうという経験をしたと思うが

「2失点目は自分のミスからなので、そういうのを無くしていかないというのはあります。まだまだだなと感じさせられたので、良い経験だったと思います」